オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根の定期点検,メンテナンスの必要性について


施工前のスレート屋根
屋根の定期点検の重要性についてです。
スレート屋根(カラーベスト)の耐用年数(寿命)は15年~25年と言われています。定期点検を行う事で屋根の現状を確認する事ができます。
耐用年数(寿命)がわかっていても定期点検をおこなわないと15年~25年は持たないです。
現状を確認する事で屋根の耐用年数(寿命)最大限活用することができます。またメンテナンス時期は7年~8年と言われています。
定期点検を行うことで屋根に不具合がある時には早期発見につながり修理工事の金額が安くなることもあります。ストレート屋根(カラーベスト)自体は薄く加工されているので、メンテナンスや定期点検をすることをオススメします。
錆の発生した棟板金
ストレート屋根(カラーベスト)は耐久性があまり強くないため、こまめに定期点検を行う必要があります。
こまめに定期点検を行うことで、色あせ、屋根材の位置がズレる、割れる、欠ける、水を吸ってブヨブヨになるなど劣化防止につながります。
劣化が原因で雨漏りにつながったりもします。
屋根からの雨漏りは家全体にダメージをあたえます、雨漏りが原因で家全体に水がいきわたりカビが発生したりもします。
わからないうちにカビが発生し人体にも悪影響を及ぼす可能性もあります。
画像を見て頂ければ分かると思いますが、棟板金が錆びてきてここからも水入ったりします、日々の紫外線、雨で少しずついたんできます、屋根は意外と傷んでいる場合もあります。
屋根の棟板金、カラーベストの状態は家の下からじゃわかりにくいため、こまめな定期点検やメンテナンスが必要となりそれを行うことで耐用年数(寿命)を最大限にに活用できます。

棟板金の詳細はこちらになります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878