オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市の方へ、屋根カバー工法について


屋根は雨から建物を守ってくれている重要な部位です。
太陽光や風雨で劣化してしまい、色褪せやひび割れなどの症状があらわれ、築10年もすればメンテナンスが必要になります。
本日のコラムでは柳井市の方へ、一般的な屋根であるスレート屋根のメンテナンスでおすすめな屋根カバー工法についてお伝えします。
オークリッジスーパーで施工後の屋根
屋根カバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根をかぶせる工事です。
スレート屋根や金属屋根などの屋根には向いていますが、瓦屋根には施工できません。
屋根葺き替え工事であれば屋根を剥がす手間や廃材を処理する費用がかかりますが、屋根カバー工法なら既存の屋根を撤去しないので工事費用を節約でき、施工期間も短くて済みます。
特にアスベストを使用している屋根材は処分費用が高額になるため、そういった屋根に適しています。
アスベストは2004年に規制されていましたが、それまでに製造されたスレート屋根材などには耐久性を上げるためにアスベストが使用されています。


屋根塗装や葺き替えよりも短い期間で工事ができ、工事中の足場により窓を開けにくいなどの不便を感じる期間を短くできます。
また、屋根塗装のように臭いがないので工事中にストレスを感じることが少ないです。

屋根が2重になるので、断熱性と遮音性、耐久性が向上するというメリットもあります。
屋根カバー工法でセネターを施工した屋根
コロナで屋根カバー工法をした屋根
オークリッジスーパー
屋根が2重になることにはデメリットもあります。
屋根の重さは建物の耐震性に影響を与え、屋根が重くなると建物の重心が高くなり地震の際の揺れが大きくなります。
そのため、屋根カバー工法をすることで僅かですが耐震性が低下してしまいます。
ただし、金属屋根材やアスファルトシングル材などの軽量な屋根材を使用することで、影響を小さくできます。
瓦屋根の重さは1㎡あたり約60kg、金属屋根材の重さは1㎡あたり約6kgとかなり軽量です。

金属屋根材の詳細はこちらをご覧ください

アスファルトシングル材の詳細はこちらをご覧ください

既存の屋根によっては屋根カバー工法が施工できないこともあります。
既存の屋根がスレート屋根や金属屋根の場合は施工できますが、瓦屋根には不向きです。
また、既存の屋根の劣化が激しい場合には施工できません。
屋根の下地が劣化している上から屋根カバー工法で新しい屋根材をかぶせてしまうと、屋根材をしっかりと固定できなかったり、下地や建物内部の腐食が進行してしまう恐れがあるからです。
そのため、屋根カバー工法を施工する場合には、下地の状態をしっかりと点検してから行う必要があります。
メッシュシートを張った足場
1.足場仮設
屋根の上での作業は危険が伴うため、職人の安全のために足場を仮設します。
作業効率も上がります。
棟板金を撤去したスレート屋根
2.棟板金の撤去
屋根カバー工法では屋根材を撤去する必要はありませんが、棟板金は撤去します。
廃材はこの棟板金くらいなので、廃材処理費用が抑えられます。
ルーフィング(防水紙)の敷設
3.ルーフィング(防水紙)の敷設
既存の屋根材の上にルーフィングを敷きます。
ルーフィングは屋根材と同じくらい重要なので、どんなルーフィングを使用するのか必ず確認しましょう。

ルーフィングの詳細はこちらをご覧ください
屋根材セネター
4.屋根材の施工
軒先から新しい屋根材を葺きます。
新しい屋根材には、ガルバリウム鋼板を使った「セネター」です。
棟カバーの取り付け
5.棟板金の取り付け
屋根の棟は雨水が浸入しやすい箇所なので、雨仕舞を徹底して棟板金を取り付けます。
板金の接合部にはコーキングで防水処理をします。

棟板金の詳細はこちらをご覧ください
屋根カバー工法でセネターを施工した屋根
6.屋根カバー工法の完了
屋根材セネターの表面には天然石チップが吹き付けられており、色褪せしにくく、塗り替える必要がないのでメンテナンスコストを抑えることができます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878