オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根カバー工法と屋根葺き替えのどちらがいいのか


屋根のメンテナンス方法には、「屋根塗装」「屋根カバー工法」「屋根葺き替え」の3つの方法があります。
そのうちの屋根塗装を定期的に行うことで屋根を長持ちさせることができますが、屋根の劣化が激しいときには屋根カバー工法と屋根葺き替えのどちらかを行います。
この2つの工法は似ているので、どちらがいいのか迷われている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回のコラムでは、屋根カバー工法と屋根葺き替えの違いについてお伝えします。
ガルバリウム屋根の施工
ルーフィング
屋根カバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根をかぶせる工事です。

メリット
・既存の屋根の撤去にかかる人件費や廃材処分費が必要ないため、工事費用を節約できる
・屋根が2重になることで断熱性と遮音性の向上

デメリット
・瓦屋根やセメント瓦、モニエル瓦などは屋根カバー工法ができません
・屋根の下地が傷んでいる場合には施工できません
・使用できる屋根材が金属屋根材、アスファルトシングルなどに限られます
屋根材の撤去
金属屋根の葺き替え工事
屋根葺き替えは、既存の屋根を撤去して新しく屋根を葺く工事です。

メリット
・既存の屋根材を撤去するので屋根の下地である野地板も補修できます
・今までの屋根材よりも軽いものを使用することで、耐震性が向上します

デメリット
・これまでの屋根材を廃棄する費用がかかり大掛かりな工事なので、工事費用が高額になります
・工事期間が長い
どちらの工法にもメリット・デメリットがあるので、屋根の状況にあわせて選択することが大切です。
瓦屋根やセメント瓦で屋根リフォームを検討されている方は、瓦屋根は屋根カバー工法ができないので屋根葺き替えによるメンテナンスを行いましょう。
スレート屋根や金属屋根の方は、下地が傷んでいる場合には屋根葺き替え、下地が傷んでいない場合には屋根カバー工法での工事がおすすめです。
屋根の下地の状態を自分で確認することは困難なので、専門の業者に入念に点検・調査をしてもらいましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878