オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の温度はどれくらいになるの?屋根材によっても違いはあるのか


瓦と瓦棒
街の屋根やさんにとって夏は過酷な季節です。
夏の屋根の温度が何度くらいになるかご存知でしょうか?
屋根の上は風通しはいいですが、照り返しが強く、日中は70~80度になります。
素手で触ると火傷してしまったり、靴底が溶けてしまうこともあります。
屋根が暑くなると熱が伝わり、小屋裏、2階の気温も上がります。

屋根の温度は、屋根材によって違いはあるのでしょうか?
瓦、スレート、金属の3種類の中では、
普通に考えると金属屋根が一番温度が上がりそうですが、実際はほとんど差がありません。

ただ、屋根材の下の温度は全く異なります。
瓦屋根は、瓦自体が分厚く熱が伝わりにくく、瓦と野地板の間には空気の層があるため、室内温度の上昇を防ぎます。
他の屋根材は野地板と密着しているため、通気層がなく野地板にそのまま熱が伝わります。

金属屋根は、熱伝導率が高く、屋根材自体も薄いため表面温度がすぐに裏に伝わり、室内温度が上がってしまいます。

スレート屋根は、屋根材の厚みが4~5mmしかなく、室内温度が上昇します。
室内温度の上昇を防ぐためには、遮熱塗料が有効です。
遮熱塗料は日光を反射し、建物への蓄熱も防ぎ、屋根の温度を50~60度程度に抑えます。
暑さには困っていないお客様でも、通常の塗料と比べてもそれほど値が張るわけではないため、屋根塗装の際に遮熱効果のある塗料を選択する方も多いです。
エアコンの効きも良くなり光熱費の削減にもつながります。


また、既存の屋根を撤去せずに、その上から新しい屋根材をかぶせるカバー工法なら、既存の屋根があることで熱が伝わるのを防ぎます。

屋根カバー工法の詳細はこちらをご覧ください

夏の暑さを解決する屋根リフォームはこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878