オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市の方へ、屋根点検について


築浅の住宅は大丈夫なのですが、住宅が古くなって劣化してくると美観がダメになってしまいます。
屋根点検をした方がいいのかなと迷っている方は大勢いると思います。
自分では見てもどこがどのような劣化してきているのかを詳しくはわからないので、専門業者さんに依頼して屋根を点検をしてもらいましょう。
屋根が劣化する前に点検、メンテナンスを行うのが理想なので、定期的な点検を行う事で住宅が長持ちし雨漏りを防ぐなどの効果があります。

こちらのコラムでは、屋根点検についてのコラムを紹介していきます。

屋根点検のポイントについて

屋根点検を行う際に注意して点検をして行う項目をいくつか紹介していきます。

1 屋根材の劣化状況(スレート、コロニアル、金属屋根
2 棟板金の劣化状況
3 雨樋の劣化状況
大きく分けるとこのような感じで3つに分かれます。

このようなことの劣化状況に注意して劣化状況を確認して、屋根点検を行っていきます。
劣化したスレート屋根
スレート屋根のカビや苔
スレート材のひび
スレート屋根の屋根点検について。
スレートの屋根材は基本的にですがセメントが主成分で作られている屋根材なのです。

スレート材の屋根点検の時期について。
スレート材を屋根材に使用している住宅の屋根なら5年に1回位は点検を行った方がいいです。
なぜかというと、屋根の劣化状況というのは普段生活しているだけなら、目につくことがないからです。
専門業者さんに屋根点検を依頼してみてもらいましょう。

専門業者さんは以下で紹介する内容で屋根を点検してくれます。
1 屋根材の色あせ、色落ち
2 屋根材のヒビ、割れ、反り
3 カビ、コケが生えていないのか
どこの業者さんに屋根点検を依頼してもこの内容は見てくれるでしょう。
定期的な点検を行う事で屋根の劣化状況を早期に把握して屋根を修理することができます。
早期に発見するということは、雨漏りを防ぐことができるという事なので住宅を傷つけることなく使用できることで屋根を長持ちさせることができるという事です。

詳しい雨漏り修理についての詳細はこちらから→柳井市の方へ、雨漏り修理について
ガルバリウム鋼板の屋根
ガルバリウム鋼板の屋根材を施工
金属屋根の屋根点検について。
ひと昔前までは、金属屋根といえばトタン屋根が使用されていました。
トタン屋根は軽量で安価で施工され人気の製品なのですが、耐久性が弱く錆やすいといったデメリットがあります。

ここ近年だと、ガルバリウム鋼板という金属屋根がとても人気です。
価格が安価で、軽量尚且つデザイン性に優れ、耐久性も優れているからなのです。

ガルバリウム鋼板の屋根点検時期について。
ガルバリム鋼板もスレート材と同様に5年に一度は屋根点検を行った方がいいです。

ガルバリウム鋼板の屋根点検内容について。
1 色あせ、色落ち
2 錆、浮き

このような内容を点検をしていきます。
ガルバリウム鋼板は金属製でできているため、どうしても傷がつきやすいのです。
定期的な屋根点検を行い、メンテナンスを行う事で30年ほどの寿命があると言われていますが、気候など条件では少しですが寿命などは異なってきます。

コロニアルの棟板金
棟板金の釘の緩み
錆が発生した棟板金
棟板金の点検について。
棟板金とは住宅の頂点に取り付けられている金属板金です。
紫外線、雨風の影響を最も受けやすいので劣化自体は早いです。

棟板金の点検時期について。
棟板金の点検は屋根点検と同時にしてもらうことをお勧めしています。
同時に行う事で、2度の手間がかからないからです。

棟板金の点検内容について。
1 板金のサビ
2 釘の状態
3 板金の固定材の状況を(剥がれている場合には貫板の状態
どの業者さんも基本的には屋根点検内容は同じです。

棟板金を固定している釘が劣化することで、そこから雨水が侵入してしまいます。
ここから、雨水が浸入することで雨漏りの原因になり、棟板金の下地材の貫板も腐食するのです。
屋根点検の際に棟板金も見てもらいましょう。

詳しい棟板金の工事の詳細はこちらから→棟板金工事について
2019_10_15_15_48_01_705_14-2_R-columns3
樋カビ
雨樋の落ち葉やコケ
雨樋の点検について。
雨樋とは、屋根に落ちてきた雨水を住宅に影響を与えないように外部に排出する役割をしています。

雨樋の点検時期について。
雨樋の点検も屋根点検時と同時にみてもらいましょう。
雨樋だけに不具合があるのであれば雨樋だけ点検してもらえばいいのですが、ついでに屋根も点検してもらうことをお勧めします。

雨樋の点検内容について。
1 雨樋の中にゴミ、泥が詰まっていないか
2 ヒビ、割れがないか
3 雨樋の傾き
4 樋のつなぎ目が割れていないか、緩んでいないか
雨樋をこのような劣化状態ではないのかを点検します。
このような不具合がある場合には、雨漏りの原因や住宅に悪影響を及ぼします。

詳しい雨樋の詳細はこちらから→雨樋工事について。

最後に

屋根点検とは住宅を守るためにとても必要な点検なのです。
住宅の屋根の耐用年数をきちんと把握しておくことで最適な屋根点検を行う事で住宅を守る事ができます。

街の屋根やさん周南店は無料見積もりを行っています。
柳井市の方で屋根点検を検討されている方は街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878