オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、台風の後に気を付ける屋根の点検箇所をお伝えします


8月になり、本格的な台風シーズンがやってきます。
台風が来ると瓦が落ちたり、棟板金が飛んだり、雨漏りしたりなど、屋根に被害がでます。
すぐに雨漏りしなくても、被害を放置することで、雨漏りして室内が水浸しになったりと、大きな被害につながります。
そのため、台風や悪天候、地震などの後には、屋根の点検をすることが大切です。
セメント瓦屋根
画像は、防府市で無料点検を行った屋根です。
屋根の状態が気になる場合には、業者に依頼することをおすすめします。

・屋根
台風による被害で多いのが、瓦屋根のズレ、金属屋根スレート屋根の剥がれです。
瓦屋根では、白っぽいセメントのような塊が落ちていないか確認する必要があります。
落ちていると漆喰が剥がれている可能性があります。
スレート屋根では、棟板金を固定している釘が浮いて、棟板金が剥がれている可能性があります。
雨水が浸入してしまうので、早めにメンテナンスが必要です。
屋根は風の影響を受けやすい箇所ですが、高所で確認しづらいので、被害があっても気付くのが遅れてしまうことがあります。
被害がないように見えても、屋根の点検をするようにしましょう。

強風で雨樋が破損していないかだけでなく、強風で飛ばされてきたゴミや落ち葉が詰まっていないか注意する必要があります。
うまく雨水を排水できなくなり、雨水があふれ出し、外壁の汚れや雨水の浸入の原因になります。
落ち葉やゴミが溜まっている場合には、掃除しましょう。
台風や強風などの自然災害による屋根の被害は、火災保険で直せる可能性があります。
火災保険には、台風や雪、雹による被害などの修繕費用を補助してくれる特約が付いているものがあります。
業者に屋根の点検や修繕を頼む時には、火災保険の契約内容を確認しましょう。

火災保険が適用される屋根工事はこちらをご覧ください
屋根の点検は大切ですが、台風の後の屋根は雨水で濡れて滑りやすくなっており非常に危険です。
そのため、本格的な屋根の点検は、街の屋根やさん周南店にお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878