オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装・外壁塗装が必要な理由は?メンテナンスの必要性


塗装後のカラーベスト屋根
屋根塗装・外壁塗装を怠ったとしても、すぐに大きな不具合につながることはありません。
しかし、屋根や外壁は常に太陽光や風雨に直接あたる過酷な環境にさらされており、徐々に劣化が進行していきます。

屋根塗装・外壁塗装が必要な理由

屋根塗装・外壁塗装の一つ目の理由は、美観です。
新築の時はキレイでも、カビの発生や汚れが付着して見栄えが悪くなってきます。
塗装をすることで、新築時の美しさを取り戻すことができ、お家のイメージを変えることもできます。
屋根塗装・外壁塗装の最大の目的は、防水性の回復です。
屋根や外壁に使用される建材の多くは、水分に弱く、雨水が浸透することで強度が低下したり、割れたりします。
そうすると雨水が家屋の内部に浸入して、梁や柱などの重要な部分を腐食させてしまいます。
建材の表面には、雨水から保護するために表面を塗膜で覆っています。

例えば、スレート屋根はセメントでできておりそれ自体にはほとんど防水性がありません。
そのため、塗膜が劣化するとスレートに雨水が浸透してボロボロになることもあります。
また、ガルバリウム鋼板やトタンは金属なので塗膜が劣化しても雨水が浸透することはありませんが、塗膜が錆びの発生を抑制しているため塗膜が劣化すると錆が発生して、酷い場合には穴が開き雨漏りにつながります。

塗膜が永久に破れないのなら問題ないのですが、時間の経過とともに徐々に劣化してなくなってしまいます。
そうなると、屋根材や外壁材が雨水に直接あたり、屋根・外壁が劣化していきます。
屋根塗装・外壁塗装によるメンテナンスを行うことで、防水性を回復させることが大切です。
また、塗り替えることでお住まいの寿命を延ばし、長持ちさせることができます。


屋根塗装・外壁塗装の詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878