オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市で経年劣化して色あせた屋根の塗装をお考えの方へ


防府市で屋根の無料点検をさせていただきました。
屋根の状態は、比較的良く、新築から10年程度ということでしたので屋根塗装によるメンテナンスを提案させていただきました。
今回、無料点検をご依頼いただいた理由が、「屋根塗装をしないと雨漏りして大変なことになる、と他の業者に言われたから」というものでした。
実際に屋根塗装は必要なのでしょうか?
今回のコラムでは、屋根塗装の必要性や定期的なメンテナンスについてお伝えします。
色褪せたスレート屋根
画像は、防府市で無料点検を行ったスレート(カラーベスト、コロニアル)屋根です。
経年劣化して色褪せていますが、屋根材の割れは見られず、今すぐ屋根のメンテナンスをしなければならないというわけではありませんでした。
ほとんどの屋根材は、表面を塗膜で覆われており、この塗膜が紫外線や風雨によって徐々に劣化していき色褪せます。
スレートやセメント瓦は屋根材自体の防水性が低いため、塗膜が破壊されると屋根材に雨水が浸透して屋根材の劣化につながり、いずれは雨漏りしてしまいます。
屋根塗装をすることで、見た目を良くするだけでなく、屋根材の防水性を回復させることが大切です。

屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が敷設されているので、屋根材に不具合があったとしても、すぐに家の内部に雨水が浸入するというわけではありません。
ただし、雨水があることで防水紙の劣化が進んでしまい、破れてしまいます。
防水紙は屋根材の下にあるので、補修するには屋根材を一度剥がさなければならず、大掛かりな工事が必要になってしまいます。
そのため、防水紙が傷む前に屋根のメンテナンスをすることが、長期的に見れば屋根リフォームにかかる費用を抑えることになります。

屋根塗装の工事の流れはこちらをご覧ください
屋根塗装の最大の目的は、防水性を回復させることです。
色褪せていても、すぐに雨漏りしてしまうわけではありませんが、屋根材の劣化を進行させてしまいます。
長期的に見れば屋根リフォームの費用を抑えることができるので、定期的な屋根塗装によるメンテナンスをおすすめします。

防府市で屋根塗装でお困りの方は、街の屋根やさん周南店にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878