オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、屋根塗装はローラーと吹き付けのどちらがいいのか


屋根塗装の工法には、大きくわけるとローラー工法と吹き付け工法の2つの方法があります。
この2つの方法は、どんな違いがあるのでしょうか。
今回のコラムでは、屋根塗装のローラー工法と吹き付け工法についてお伝えします。

屋根塗装の詳細はこちらをご覧ください
カラーベスト塗装
画像は、下松市で屋根をローラーで塗装している様子です。

一般的な住宅の塗装工事では、ローラー工法が主流です。
ローラー工法は、ローラーに塗料を含ませて手作業で塗料を塗布する工法です。
手作業で行うので、塗料の飛び散りが少なく狭い場所の施工にも適していますが、作業に時間がかかります。
経験の浅い職人でも十分に厚みのある塗膜を形成できます。
モニエル瓦を吹き付けで中塗り
画像は、下松市で屋根に吹き付けている様子です。

吹き付け工法は、専用のスプレーガンを使い、塗料を霧状にして吹き付けていく工法です。
機械を使用するので作業の時間が短くて済みますが、霧状に吹き付けるので塗料が広い範囲に飛び散ります。
近隣の壁などに塗料が付着しないように飛散防止用のメッシュシートで建物を覆わなければなりません。
また、塗料を薄めて粘土を下げなければスプレーガンを使用できないので、十分な厚みのある塗膜を形成しづらくムラになりやすいというデメリットもあります。
ムラなく塗装するためには経験と技術が必要になります。
カラーベスト屋根の中塗り
モニエル瓦の吹き付け塗装
屋根塗装では、基本的にはローラー工法で塗装しますが、屋根材が凸凹している場合にはローラーで塗装すると十分な塗膜を形成しづらいので吹き付け工法で塗装します。
雨戸の塗装では、吹き付け工法を行うことが多くあります。
雨戸は表面が凸凹しているのが一般的でローラーやハケだと塗装しにくいので、吹き付け工法での塗装が多くなります。
どちらの塗装方法が良いかは、塗装する面の状況によって変わりますので、屋根にあった工法で塗装することが大切です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878