オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、カラーベスト屋根はいつ塗装するのがいいのか


防府市でカラーベスト屋根の点検をさせてもらいました。
カラーベストは現在、最も使用されている屋根材なので、皆さんの家の中にも使用している屋根が多いのではないでしょうか。
今回のコラムでは、カラーベストはいつ塗装するのがいいのかお伝えします。

屋根塗装の詳細はこちらをご覧ください
劣化したカラーベスト
カラーベスト(スレート屋根)はセメントを原料として繊維質などで補強している平板状の屋根材です。
原料がセメントなら雨水が浸透してしまいそうですが、カラーベストは表面に塗装を施しており、塗膜で覆うことで雨水の浸透を防いでいます。
この塗膜は、紫外線や風雨などに当たることで徐々に劣化して塗膜が薄くなってしまいます。
塗膜が薄くなり防水性が低下すると、カラーベストに雨水が浸透して耐久性が低下したり、雨漏りにつながります。
そのため、屋根塗装をして防水性を回復させる必要があります。

カラーベストの塗装
塗装後のカラーベスト屋根
それでは、いつ塗装するのがいいのでしょうか。
屋根材が傷む前に塗り替えることが大切なので、早めに塗装するにこしたことはありませんが、新築から8~10年程度経過したら屋根塗装をしましょう。
一度、屋根塗装をしたら、塗料の耐用年数にあわせて塗り替えるようにしてください。

新築から8~10年程度はあくまでも目安であり、立地条件や環境によって屋根の劣化速度は家ごとに異なります。
そのため、、屋根に色褪せやカビ・苔の発生などの劣化症状がみられる場合には屋根塗装を検討しましょう。
色褪せは塗膜が劣化しているサインです。
色褪せると屋根の水はけが悪くなり、カビ・苔が発生しやすくなります。
屋根のカビや苔は、カラーベストを傷める原因にもなるので広範囲に繁殖している場合には早めに屋根塗装をしてください。

屋根塗装をする時には、足場代を節約するために外壁塗装も同時に行うのがおすすめです。
カラーベストは屋根塗装の施工不良が原因で雨漏りすることもありますので、必ず専門の業者に点検・メンテナンスを依頼しましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878