オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩国市の方へ、化粧スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)の塗装工事でタスペーサーの重要性について


タスペーサー
タスペーサーってご存知でしょうか?
タスペーサーとは、化粧スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)の塗装工事において大変重要な部材になります。
化粧スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)の屋根塗装では、「縁切り」という作業を行うのですが、タスペーサーは縁切り作業に特化した部材になります。
縁切りとは、従来は塗装後の屋根一枚、一枚の重なり引っ付いた箇所をカッター等で切っていくという地味な作業でした。
それが縁切り専用部材のタスペーサーの開発により、効率的に縁切り作業が出来るようになりました。
屋根一枚一枚にタスペーサーを挿し込むことにより、カッター等を使用せずに隙間を開けることが出来ます。


タスペーサーの設置
ではなぜ、化粧スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)の塗装工事において縁切りをしなければいけないのでしょう。
雨水は、強風時や大雨などの想定外の雨が降ったときには、構造上屋根材の下にも入り込むものです。
入り込んだ雨水を排出するさいに、縁切りが必要な化粧スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)の屋根材は表面に溝があり、この溝から雨水を排出します。
しかし屋根塗装をすることで、この溝を塗料で塞いでしまうことがあり、そうすると雨水の逃げ道がなくなり屋根材が常に湿気を帯びている状態になり、「毛細管現象」を起こしたり、屋根材の割れなのど劣化を引き起こしたり、屋根下地の腐食や更には雨漏りにも繋がります。
毛細管現象とは、液体が細かい隙間を重力に関係なく広がり浸透していく現象です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878