オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、屋根塗装のメンテナンスと耐久年数について


劣化したカラーベスト
屋根塗装の耐久年数は、10年から15年となります。
ですが、屋根は風雨や紫外線にさらされることが多いので劣化しやすいため注意が必要です。
屋根の状態を自分自身で確かめることは難しいので、わからないうちに劣化が進み雨漏りしていたなんてことも珍しくないことです。
築年数から何年たった、前回の塗り替えから何年たったかをきちんと把握することで屋根の状態を定期的に確かめることが大事です。
屋根塗装の耐久性がなくなることで、様々な劣化症状が出てきてその劣化が進行することで雨漏りにつながるので定期的に塗り替えを行う事をオススメします。
長年放置によって起こる可能性がある劣化症状はこちらです。

色褪せとると、経年劣化によって塗装の表面が色あせてしまい塗装の耐久性が落ちてしまい、見た目も悪くなりますが、防水性能は悪くなり、藻、苔、カビが発生しやすい状態になります。

凍害とは、塗装の防水性能がなくなり水分が瓦に吸収されて冬や夜に凍結、水分の乾燥を繰り返しひびが入ってしまいます。

反りとは、水分の浸透と乾燥を繰り返して起こる、放置しておくと反りが大気くなり雨漏りの原因となるので注意が必要です。

様々な劣化症状で雨水が野地板を腐食させ、雨漏りを引き起こしてしまいます。
日々の定期点検やメンテナンスを行う事で早期に劣化症状を把握することで雨漏りをふせぐことができますし、費用も安く済む場合もあります。

屋根塗装を希望の方は街の屋根やさん周南店まで。

屋根塗装の詳細はこちらからです


谷樋
こちらは、藻や苔の発生している屋根です。
屋根自体に水分が滞留して湿気が高くなってしまったために藻や苔が発生しています。
コロニアルのひび割れ
割れた瓦、カラーベストを放置しているとひび割れが大きくなったり、割れて落ちてしまうことがあるので非常に危険です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878