オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩国市の方へ、屋根材の種類と特徴、メリット・デメリットをお伝えします


岩国市にお住まいのお客様から屋根工事のお問い合わせがあり、お話を聞かせていただきましたが、お家の屋根材の名前が分からないようでした。
実際に、伺ってみますとアスファルトシングルと呼ばれる屋根材が使用されていました。
瓦屋根などの一般的な屋根材であれば分かるでしょうが、屋根材には多くの種類があり、いくらご自分の家の屋根のことでも分からない方は多いのではないでしょうか?

屋根材には多くの種類があり、それぞれに特徴やメリット・デメリットが異なります。
補修方法も異なりますので、屋根の工事をする時には、ご自分の家の屋根がどういったものなのか、把握しておく必要があります。
そこで、今回のコラムでは、屋根材の種類や特徴についてお伝えします。
瓦屋根
瓦屋根は、古くから使用されており、一般的な屋根です。
耐久性に優れているのが特徴で、50年以上使用することもできます。
釉薬(ゆうやく)と呼ばれるガラス質の薬剤が塗布されており、再塗装の必要がありません。
屋根材の中で最も重く、地震の時の建物への負担が大きくなり、耐震性は良くありません。
現在では、台風や地震などの災害に強い防災瓦もあります。

スレート屋根
スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)は、現在、最も使用されている屋根材です。
色やデザインが豊富で安価で、瓦の半分以下の重量なため施工しやすいのが特徴です。
セメントや繊維質でつくられている平板状の屋根材で、スレート自体の防水性は低いため、表面を塗膜で保護しています。
表面の塗膜が劣化すると、防水性が低下してしまうため、定期的な塗装が欠かせません。

ガルバリウム鋼板の屋根
金属屋根(ガルバリウム鋼板)は、金属の板を屋根材に用いた屋根で、耐久性と防水性に優れているのが特徴です。
軽量なため、地震にも強く、屋根カバー工法で多く使用されます。
かつてはトタン板(亜鉛メッキ鋼板)が使用されていましたが、現在ではガルバリウム鋼板が使われています。
瓦やスレートを使用できない緩やかな勾配でも、継ぎ目が少なく防水性が高いので、施工することができます。
金属なので錆に弱く、ひどい場合には穴が開いて雨漏りの原因になります。
表面の塗膜で錆を防いでいるので、長持ちさせるには塗装によるメンテナンスが必要です。

施工後のオークリッジスーパー屋根
アスファルトシングルは、北米では一般的な屋根で、アスファルトを浸透させたシートの表面に砂粒を吹き付けた屋根材です。
意匠性と防水性の高さが特徴で、柔らかいため複雑な形状の屋根でも施工できます。
表面の石粒が剥がれて雨樋の詰まりなどの原因になることがあります。

屋根材の種類、屋根の部位の名称など分からないことが多くあると思います。
どう伝えればいいのか分からないという方でも、丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878