オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事


工事のきっかけ

山口市にお住まいのお客様で、築14年の平屋建ての住宅でした。
屋根の色褪せが気になっており、時期的に屋根塗装と外壁塗装を検討し始めたことから、お見積りをご依頼いただきました。
初めは屋根塗装をご希望でしたが、屋根塗装だけでなく屋根カバー工法も説明・提案させていただきました。
その結果、屋根カバー工事と外壁塗装を任せていただくことになりました。

山口市 屋根カバー工事,外壁塗装,その他塗装

ビフォーアフター

before
スレート屋根
horizontal
after
屋根カバー工事を施工後のセネター

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,外壁塗装,その他塗装
施工期間
約3週間
使用材料
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
施工内容その他
築年数
築14年
保証年数
10年
工事費用
230~250万円
建坪
約30坪
ハウスメーカー

施工前の様子

コロニアルの棟板金
お客様のお宅に使用されている屋根材は、コロニアルでした。
コロニアルは、セメントと繊維を混ぜてつくられる薄い板状の屋根材でスレートやカラーベストとも呼ばれます。
最も普及している屋根材なので、自分の家の屋根が同じという方も多いのではないでしょうか。
コロニアルでよく見られる劣化症状のひとつが、お客様が気にされていた色褪せです。

スレート屋根材
コロニアルの表面は塗装されて、塗膜で覆われています。
この塗膜がコロニアルを雨水や紫外線から守っています。
そのため、塗膜が劣化すると、コロニアルに雨水が浸透してしまい不具合を生じさせてしまいます。
色褪せは塗膜が劣化して防水性が低下している証拠です。
見た目が悪くなるだけでなく、水はけが悪くなっているので、カビ・コケ・藻が発生しやすく、屋根材の劣化が早くなります。
スレート屋根の棟板金
色褪せしたコロニアルよりもメンテナンスが必要だったのが、棟板金でした。
棟板金とは、屋根の棟(頂上部分)に取り付けられる金属の板のことです。
この棟板金は雨漏りの原因になりやすい箇所なので、コロニアルでは特に注意しなければならない部位です。
棟板金の釘の緩み
目的は違いますが棟板金は屋根材と同じように塗装されています。
棟板金は錆を防止するために塗装されています。
棟板金には錆が生じていませんでしたが、塗膜が劣化して色褪せていました。
色褪せると錆が発生しやすくなり、錆によって棟板金に穴が開くこともあります。
棟板金の剥がれ
棟板金を固定している釘が緩んでいました。
数本ではなく、かなり多くの釘が緩んでおり、釘が錆びていることから、緩んでからかなりの時間が経っているようでした。
釘が緩むと棟板金が強風で剥がれてしまったり、釘穴から雨水が入ってしまいます。
貫板の腐食
棟板金が浮いてできた隙間や釘穴から雨水が浸入して、木製の貫板(ぬきいた)が腐食していました。
貫板は板金の留めるための部材で、腐食して脆くなると釘を固定する力が弱くなり、釘の緩みや棟板金の飛散につながります。

施工中の様子

仮設足場
屋根工事では、まず初めに足場を仮設します。
足場は屋根工事に欠かせないもので、作業員の安全を確保したり、工事の品質を上げるために必要になります。
足場がなければ、屋根から落下してケガをしたり、隅々まで施工できません。
仮設足場
足場の仮設が終わったら、メッシュシートを付けて足場全体を覆います。
このメッシュシートには塗料や高圧洗浄の水が周囲に飛散するのを防ぐ役目があります。
強風で飛ばされたり、めくれないようにしっかりと括り付けています。
スレート屋根の洗浄
高圧洗浄で屋根や外壁に付着した汚れやカビ・コケ・藻などをキレイに取り除いていきます。
汚れが残っているのに塗装すると、塗料が剥がれる原因になります。
しっかりと汚れを落としたら、丸一日乾燥させます。
サッシ廻りの養生
窓や玄関ドアなどの塗装しない箇所に塗料が付着しないように、ビニールやマスキングテープを使って養生をします。
養生がいい加減だと作業効率や仕上がりが悪くなってしまいます。
強風で剥がれたり、隙間ができないよう丁寧に作業しました。
シーリング工事
窯業系サイディングの外壁には、外壁材と外壁材の継ぎ目(目地)にシーリングという部材が必ず充填されています。
このシーリングがなければ継ぎ目から雨水が浸入してしまうので、重要な部分です。
シーリングを撤去してから、新しいシーリング材を充填します。
シーリングがひび割れていたり、隙間ができている場合には、早めに業者に点検してもらいましょう。
外壁塗装の下塗り
外壁の下塗りです。
下塗りには、中塗り・上塗りに使う塗料と外壁材の密着性を高める役割があります。
塗膜を長持ちさせるために大切な工程なので、しっかりと塗ります。

外壁塗装の詳細はこちらをご覧ください
外壁塗装の上塗り
上塗りです。
広い部分はローラーで塗りますが、細かい部分にはハケを使い塗装します。
外壁塗装では、仕上げ塗料を中塗り・上塗りの2回に分けて塗ります。
そうすることで、しっかりと塗膜の厚みを確保することができます。
雨樋の塗装
雨樋の塗装です。
「附帯部は塗装しなくていい」という方もいますが、外壁・屋根だけを塗装すると附帯部の色あせや汚れが目立ってしまいます。
附帯部でも手を抜かず、丁寧に塗っていきます。
雨戸の塗装
雨戸の塗装です。
雨戸などの鉄部の塗装では錆の発生を抑えるために、サビ止め塗料で下塗りをします。
その後に、仕上げ塗料を2回に分けて塗ります。
腐食した貫板
緩んでいる釘を全て抜いていき、被せている棟板金を剥がします。
棟板金を固定している貫板(ぬきいた)の状態は、全体的には良かったですが、漏水している箇所は腐食してボロボロになっていました。
防水紙の敷設
屋根にとって屋根材と同じくらい重要なルーフィング(防水紙)を敷きます。
通常の雨であれば屋根材だけでも大丈夫ですが、台風などの強風をともなう雨なら屋根材の下にも雨水は侵入してしまいます。
防水紙の敷設
ルーフィングは屋根材の下に隠れてしまうので、補修するには屋根材を剥がさなければいけません。
そのため、耐久性の高いルーフィングを使用しました。
ルーフィングの施工がいい加減だと、雨漏りの原因になってしまうので、しっかりと施工しました。
カバー工事で屋根材セネターを施工
新しい屋根材にはアスファルトシングル屋根材など複数提案しましたが、セネターを使用することになりました。
セネターは、ガルバリウム鋼板の表面に石粒を付着させている屋根材です。
石粒を付着させることで、色褪せや雨の音を抑えることができます。
カバー工事で屋根材セネターを施工
屋根材は軒先から棟に向かって、施工していきます。
水下から施工することによって、水上から流れてきた雨水が屋根材の下に入り込むのを防ぎます。
ビスの打ち忘れがないように、一枚一枚丁寧に留め付けていきます。
換気棟を設置するための穴
屋根の棟には、換気棟を取り付けます。
換気棟は屋根裏に溜まった湿気や熱気などを排気するためのものです。
排気のための穴を開けますが、雨仕舞をしっかりと行っていくので、ここから雨漏りする心配はありません。

施工後の様子

before1
施工前の平屋建ての外観
外壁は、色褪せて艶がなくなっていました。
horizontal
after1
塗装後の平屋建ての外観
耐用年数20年程度の無機塗料を使って塗装したので、長期間に渡って建物の美観を維持してくれます。
目地を境に色を分けた外壁
外壁は目地(外壁材の継ぎ目)を境にして、2色で塗り分けました。
外壁の色は仕上がりのイメージがわかず決められないという方もいるかもしれませんが、その場合にはカラーシミュレーションをご利用ください。
屋根カバー工法でセネターを施工した屋根
雨漏りの原因になりやすい棟、隅棟の雨仕舞には特に注意して施工しました。
屋根カバー工事をしたことで、雨漏りの心配がなくなっただけでなく、断熱効果も上がります。

屋根カバー工事の詳細はこちらをご覧ください
屋根材セネター
セネターで屋根カバー工事後の屋根
屋根リフォームを検討されている方の中には、新しい屋根材を何にするのか悩んでいる方も多いと思います。
セネターを選択肢のひとつとして検討されてはいかがでしょうか。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

下松市で苔の繫殖した化粧スレートの屋根カバー工事と外壁の重ね張り

施工前のスレート屋根
コロナで屋根カバー工法をした屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
足場
使用素材
屋根材/コロナ ベランダ防水/FRP防水 外壁材/シャイニークォーツ
築年数
築25年
建坪
保証
10年
工事費用
410~430万円
施工事例

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事

経年劣化したスレート屋根
セネターを施工した屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築20年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
120~130万円

同じ地域の施工事例

施工事例

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事

経年劣化したスレート屋根
セネターを施工した屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築20年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
120~130万円
施工事例

山口市でオークリッジスーパーへの屋根カバー工法と外壁塗装工事

カラーベスト
オークリッジスーパーで施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
屋根/オークリッジスーパー 外壁/無機塗料 シーリング材/オートンイクシード
築年数
築19年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

山口市吉田にてカラーベスト屋根の痛みをオークリッジスーパーでカバー工法工事

山口邸施工前
山口邸施工後
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
オークリッジスーパ
築年数
築13年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
220~230万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

防水シート(ルーフィング)の敷設

周南市でスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の屋根カバー工事をしているので、その様子を紹介します。今回、お伝えするのは防水シートを敷く作業です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878