オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の屋根カバー工事でガルバリウム鋼板の屋根材を施工


防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。
前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。

本日は、新しい屋根材の施工についてお伝えします。
ガルバリウム屋根の施工
ガルバリウム屋根の施工
防府市の住宅で行っている屋根カバー工事は、スレート屋根(カラーベスト)のメンテナンスで一般的に行われる方法です。
屋根カバー工事は、既存のスレート屋根の上に新しい屋根をかぶせる工事です。
既存の屋根の撤去費用がかからないので工事費用を節約でき、屋根が2重になるので断熱性能が上がります。
新しい屋根材には、金属屋根材が使われることが多く、今回の屋根カバー工事でもガルバリウム鋼板の屋根材を使用しました。
金属屋根材が多いのには理由があります。
屋根カバー工事を行うと屋根が2重になり、重くなります。
屋根の重さは耐震性に影響し、屋根が重くなればなるほど地震の時に建物にかかる負担が大きくなるので、耐震性が低下してしまいます。
そのため、屋根材のなかで最も軽量な金属屋根材が使用されています。
金属屋根材以外にはアスファルトシングルやハイブリッド瓦などが使われることもあります。

ガルバリウム屋根の施工
ガルバリウム屋根の施工
今回の屋根カバー工事で使用したガルバリウム鋼板は、錆びにくくするためにアルミニウムや亜鉛でメッキ加工した金属です。
ガルバリウム鋼板は、耐用年数が30年を超え、耐久性に優れた屋根材です。

屋根材の施工は、軒先から棟に向かって行います。
下側の屋根材に屋根材を重ねていくことで、流れてきた雨水が屋根材の重なり部分から入り込むのを防いでくれます。
屋根材を葺き終わったら、屋根の頂上部分である棟に板金をかぶせて雨仕舞いをします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円
施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

防府市でダイワハウスの住宅のセメント瓦屋根を金属屋根に葺き替え

セメント瓦の屋根
コロナで葺き替え後の屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
屋根材/コロナ 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築22年
建坪
保証
10年
工事費用
240~250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

防水シート(ルーフィング)の敷設

周南市でスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の屋根カバー工事をしているので、その様子を紹介します。今回、お伝えするのは防水シートを敷く作業です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878