オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

平生町で、反り・欠け・割れをしたカラーベスト・コロニアルの現地調査へ伺いました


カラーベスト・コロニアル
平生町のお客様より、屋根の状態を見て欲しいと連絡があり現地調査へ伺いました。
屋根材はカラーベスト・コロニアルでした。
話を伺ってみますと、訪問販売の方から屋根の塗装を勧められたのことで、この状態で塗装によるメンテナンスは可能なのか不安になり屋根専門店の「町の屋根屋さん周南店」へ連絡をしたそうです。

カラーベスト・コロニアル劣化
早速屋根の上に上ってみますと劣化状態はかなり進行しているようでした。
全体的に屋根材の欠け・割れ・反りが起こっており、カビや苔も発生していました。
カラーベスト・コロニアルは、主原料がセメントですので塗装によって防水性を保っていますのですが、塗膜の劣化により防水機能低下によりカビや苔が発生したり、屋根材が割れやすくなったりします。
化粧スレートカビ苔
防水機能の低下した屋根材が水分を含み常に湿気を帯びている状態ですので、カビや苔が発生しやすくなります。
またカラーベスト・コロニアルは、耐久年数も20年~25年(立地条件や環境による)とメンテナンスの必要な屋根材です。
築浅な状態や劣化状態が酷くなければ、塗装によるメンテナンスも可能でしたが、築年数・劣化状態により塗装でのメンテナンスは不可能な状態でした。

セネター
既存のカラーベスト・コロニアルの上から、金属屋根を重ねて葺く「カバー工法」でのメンテナンスをご提案させて頂きました。
カバー工法ですと、既存の棟板金の撤去処分費のみで済むため廃材処分費も抑えられるため、コストの面でも最適なメンテナンス方法になります。
最後にカラーベスト・コロニアルはメンテナンスが必ず必要な屋根材になりますので、定期的に点検・メンテナンスを心掛けしましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒先

下松市で施工中のお宅より、カバー工法でデクラ社のコロナで施工致しましたので、お伝えします。築25年のカラーベスト(化粧スレート)でメンテナンスは一度も行っていない屋根材でした。色褪せ・割れや棟板金に錆や釘の抜けなどの劣化が見られました。長く...........

アスファルトシングル

周南市のお客様より、屋根材が下に落ちているので一度見て頂きたいとご連絡があり、現地調査へ伺いましたのでお伝えします。築年数は中古物件を買われたので、正確には分からないようでしたが、築40年は経過しているようでした。屋根材は、アスファルトシン...........

棟板金浮き

山口市のお客様より、台風の被害により棟板金が浮いていると連絡頂き現地調査へ伺いました。築15年の屋根はカラーベスト・コロニアルでした。棟板金はカラーベスト・コロニアルを留めている金属部分のことを指しています。貫板の上に棟板金をおき釘で留めて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878