周南市で棟板金とスレート屋根の現地調査に伺いました


劣化したスレート屋根
周南市にお住いのお客様より「そろそろ屋根のリフォームを考えているので見てほしい」とご相談があり現地調査に伺いました。
こちらのお宅は、築25年くらいで、塗り替えてから15年近く経過しているとのことです。
屋根の材質はスレートでした。
スレートとは、セメントと繊維材を混ぜてつくった厚さ5~6mmの平板状の屋根材です。

カビの発生したスレート
スレート屋根に苔が発生していました。
塗膜が劣化して防水性が低下するとスレートに水分が浸透するようになり、苔が発生しやすくなります。
苔が発生した状態ですと、水捌けが悪くなり、劣化が加速することになります。
バイオ高圧洗浄で苔はキレイに落とせますので、安心して下さい。

苔・カビ・藻の特徴や対処方法はこちらをご覧ください
スレート屋根の剝がれ
塗膜が剥がれて下地が露出している箇所が複数見られました。
塗膜の剥離は、塗装する際に既存の汚れを落とす洗浄作業が不十分だったり、下塗りをしっかり行わなかったりすることが原因で発生します。
スレート自体には防水性がないため、塗膜が剥がれているとスレートが脆くなり、ひび割れや浮き・反りの原因になります。

錆びの発生した棟板金
棟板金に錆が発生していました。
棟板金は、屋根の頂上部分に取り付けている板金のことで、棟からの雨水の侵入を防ぐ為の重要な箇所です。
錆の発生は、板金を脆くし、ひどい場合には穴が開いて雨漏りの原因になります。
発生する箇所によっては、板金を固定している力が弱まり、折れ曲がったり、飛散したりします。
棟板金自体も大分古いため交換のタイミングだと言えます。
スレート屋根の塗膜の剝がれ
全体的に屋根の塗膜の劣化が激しく、年数も経過しているため、塗装での施工は困難だと判断しました。
屋根全体を歩いて野地板の傷みを確認してみると、野地板の傷みは確認できませんでした。
そのため、カバー工法での施工を提案させていただきました。

野地板の詳細やメンテナンス方法はこちらをご覧ください

屋根カバー工法の詳細はこちらをご覧ください

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万
施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878