下松市で倉庫の屋根の波板スレートが強風で飛散していました


下松市にお住まいのお客様より「倉庫の屋根が風で飛んだので見てほしい」とお問い合わせがありましたので、伺いました。
倉庫の屋根は建ててから一度もメンテナンスをしておらず雨で濡れないように早めに直したい、とのことでした。
ご自宅の屋根ならともかく、倉庫の屋根は気にかけていない方も多いのでないでしょうか。

波型スレート屋根の倉庫
お客様の家の倉庫の屋根に使われていたのは、波板スレート(波型スレート)と呼ばれる屋根材で、耐久性や比較的安価なため倉庫や工場でよく使用されています。
ご自宅の倉庫の屋根も同じという方も多いのではないでしょうか?
波板スレートは、セメントと繊維を混ぜ込んだものを、波型に加圧成形して固めたものです。
波型スレート屋根
黒く汚れて見栄えが悪くなっていました。
波板スレートは、表面がザラザラしているので砂埃などが付着しやすく汚れやすいのがデメリットです。
波型スレートの屋根を点検すると、メンテナンスをせずに黒く汚れていたり、コケが生えていることが多くあります。
波型スレートの穴
倉庫の中から見上げてみると、穴が開いていました。
おそらく飛来物が当たったことが原因だと思います。
元々は耐久性の高い屋根材ですが、老朽化して脆くなると、割れたり、破損しやすくなってしまいます。
雨漏りを発見しても絶対に屋根の上にはあがらず、専門の業者に点検と修理を依頼してください。
脆くなった波板スレートの上を歩くと、踏み抜いて落下してしまう危険性があります。
飛散した波型スレート
強風で飛散した波板スレートです。
産業廃棄物として、適切に処理させていただきました。
フックボルトが老朽化して錆びており、固定する力が弱くなっていたことで、飛んでしまったようです。
屋根全体の劣化状況を考慮して、屋根を全て交換するのではなく、飛散したり、穴が開いている部分のみの張り替えを提案させていただきました。

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万
施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878