光市でトップコートが色褪せたシート防水の陸屋根を点検しました


シート防水の屋上
光市にお住まいのお客様よりお問い合わせがあり、現地調査に伺いました。
お客様のお家の屋根は陸屋根という形状でした。
陸屋根は、勾配がほとんどなく雨水が溜まりやすいため、他の形状の屋根と比べて雨漏りのリスクが高い屋根です。
防水層の劣化だけでなく、排水口の詰まりも雨漏りの原因になります。
砂や土、落ち葉、飛んできたビニール袋などでも詰まり、雨水が溜まり、雨漏りにつながります。
そのため、定期的な点検をすることが大切です。
シート防水の屋上
屋上の防水には種類があり、既存の防水はシート防水でした。
シート防水は、ゴムや塩化ビニールなど防水性のあるシートを張る防水です。
一般的にシート防水の耐用年数はゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシートであれば10年~20年程度です。
基本的にどの防水でもチェックするポイントは同じで、排水不良や防水層のひび割れ、剥がれを見ていきます。

シート防水の色褪せ
防水層の上には、劣化の原因となる紫外線などから保護するためにトップコートが塗られています。
そのトップコートが色褪せて、触ってみると表面がざらついていました。
色褪せや表面のざらつきは、トップコートが劣化している証拠で、メンテナンス時期の目安となります。
立ち上がり部のシートの劣化
立ち上がり部の劣化です。
シート防水の表層が傷んで割れています。
コーキングで補修した跡がありますが、コーキングの劣化も激しく、近いうちにシートが破断する可能性があります。
シートが破断すると雨漏りの原因になります。
パラペットのコーキングの劣化
パラペットのコーキングが剥がれて隙間が見えていました。
隙間から雨水が侵入するため、早急にコーキングで補修する必要があります。
パラペットは防水層との間につなぎ目ができるため、雨漏りのリスクが高い箇所です。

ウレタン塗膜防水でのメンテナンスを提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シーリング撤去の様子

山口市でサイディング外壁の目地にあるシーリング打ち替え工事を紹介します。築20年で外壁は窯業系サイディングでした。窯業系サイディングは多くの住宅の外壁で使用されており、繊維質とセメント質を主な原料として板状に成型した外壁材です。窯業系サイデ...........

陸屋根防水

柳井市の築20年の宇部ハウス住宅の屋根の防水点検と外壁塗装のために現地調査へ伺いました。お客様のお宅の屋根は、陸屋根と呼ばれる傾斜がほとんどない屋根です。陸屋根は、他の屋根と比べて水はけが悪いので雨漏りの危険性が高い屋根になります。防水機能...........

色褪せたスレート屋根

山口市にお住まいのお客様より「家を建ててから10年以上、屋根のメンテナンスをしていないので状態が気になっている」とお問い合わせがあり、現地調査に伺いました。