オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市で漆喰が剥がれている瓦屋根の漆喰詰め直し工事を提案


周南市にお住まいの方よりお問い合わせがありました。
インターホンが鳴ったので玄関を開けると、業者の方がいて「屋根の漆喰が剥がれているので、すぐに直さないと大変なことになる」と言われたそうです。
瓦屋根のお家で、築40年たっていることもあり、心配になったようです。 
瓦屋根の無料点検の様子を紹介します。
瓦屋根の家の外観
瓦屋根は、数ある屋根材の中でも特に耐用年数が長く、50年以上と言われています。
瓦の耐用年数が50年以上なら、「50年間メンテナンスをしなくても大丈夫」と考えそうですが、そうではありません。
瓦屋根は、瓦を固定するのに「漆喰(しっくい)」が使われています。

瓦屋根の漆喰
漆喰は、主成分の消石灰(水酸化カルシウム)に糊やスサ(繊維質)などを混ぜて作られた建材で、瓦の固定や土壁に防水性を与えるために使用されます。
屋根は直接太陽光や雨風が当たる過酷な環境なので、漆喰もダメージを受け、劣化してしまいます。
漆喰が劣化すると、瓦を固定する力が弱くなり瓦がズレたり、剥がれた隙間から雨水が浸入して、雨漏りにつながることもあります。
漆喰の剥がれ
棟瓦の漆喰が剥がれて、棟瓦の土台となっている葺き土が見えている状況でした。
このままにしていると、剥がれている箇所から雨水が浸入したり、瓦がズレやすくなっているので本来真っすぐの棟が曲がったり崩れる可能性があります。
漆喰の劣化が激しくなると、漆喰の補修にかかる費用も高くなります。
そのため、早めにメンテナンスをすることがおすすめです。
瓦屋根の棟
割れている瓦もなく、屋根材自体は大丈夫でした。
お客様が心配されていた漆喰は、剥がれている箇所が複数あり、雨漏りにつながってしまう可能性があるので、補修が必要な状態でした。
漆喰の補修工事は、棟瓦のズレがなく、漆喰の劣化が比較的軽微だったことから「漆喰詰め直し工事」を提案させていただきました。

漆喰工事の詳細はこちらをご覧ください

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて屋根葺き替えによる屋根工事で雨漏りのない安心な屋根へ

経年劣化したセメント瓦
防災瓦に葺き替えた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
約180~190万円
施工事例

周南市にて雨漏りが起きた瓦屋根を葺き直しで屋根リフォーム

葺き直し前の瓦屋根
葺き直し後の瓦屋根
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ルーフィング/タディス ホワイト 漆喰材/モルロック
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

周南市にて棟瓦取り直し(積み直し)で瓦が落下した屋根の雨漏り修理

棟瓦が落下した瓦屋根
棟瓦の取り直しの施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード(南蛮漆喰)
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878