オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

下松市でスカンジア瓦(乾式コンクリート瓦)の屋根診断を行いました


スカンジア瓦屋根
下松市で屋根診断を行いましたので、お伝えします。
屋根材は乾式コンクリート瓦で、アサヒ株式会社の「スカンジア瓦」でした。
一般的に洋瓦とも呼ばれ、「モニエル瓦」や「パラマウント瓦」などメーカーによって呼び名が異なります。
乾式コンクリート瓦は、セメントと細骨材(砂)を原料として乾燥させたものを基材として成形して、その上にスラリー層とクリアー塗料を塗布した瓦です。

スカンジア瓦の最適なメンテナンス方法はこちらをご覧ください
カビ・苔が発生したスカンジア瓦
表面を保護していたトップコートがなくなり、カビや苔などが発生していました。
紫外線によって塗膜が破壊され防水性が低下して、屋根材が水分を溜め込んでしまいカビ・苔が発生しやすくなります。
カビ・苔が発生すると水分を滞留させることになり、塗膜の劣化が促進されます。

苔・藻・カビの詳細はこちらをご覧ください

スカンジア瓦のアップ
スカンジア瓦に触ってみると、ざらざらして凹凸が激しくなっていました。
経年劣化や紫外線、風雨の影響でスラリー層が風化し基材(コンクリート)層が一部表面に現れている状況でした。
基材の防水性は低くスラリー層がなくなると、雨水が浸透して瓦が脆くなりひび割れたり、雨漏りの恐れがあります。
かなり劣化が進行しているため、早期のメンテナンスが必要な状態です。
スカンジア瓦の屋根
スカンジア瓦は、塗装するのが非常に厄介な屋根材です。
スラリー層自体が非常に脆弱で瓦の基材との密着性が弱いために、スラリー層の上から塗装すると劣化したスラリー層と一緒に塗膜が剥がれてしまいます。
そのため、スカンジア瓦の塗装ではスラリー層を除去することが最も重要な工程になります。
乾式コンクリート瓦の屋根
スカンジア瓦の塗装には専用の塗料が必要です。
お客様に調査の報告とスカンジア瓦の説明を行い、エーエスペイント株式会社の「Sun瓦シリーズ」での塗り替えを提案させて頂きました。
Sun瓦シリーズは、風化した素地に浸透して一体化して強固に密着することで強い塗膜を形成します。

乾式コンクリート瓦の塗装に関してのご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878