周南市で築19年のスレート屋根と外壁塗装の見積り依頼のために現地調査へ伺いました


周南市秋月の住宅
周南市のお客様からスレート屋根と外壁塗装の見積り依頼がありまして、現地調査へ伺いました。
築19年の2階建て住宅で、まだ一度もメンテナンスをしてないとの事で今回は屋根と外壁の塗装希望でした。
屋根材はスレート屋根で、外壁は1階の大半はタイル貼りで2階の外壁はスキン仕上げになっていました。
タイル自体は材料が無機質なので、外壁の天敵である紫外線や雨、風などの影響を受けにくい材料です。
タイルの接着状態が良くない場合は剥がれたり落下したりすることもあります。
タイル外壁には誘発目地として目地にコーキングが充填していることもあります。
その場合はコーキングは有機材ですので必ず劣化してしまいますので定期的な充填メンテナンスが必要になります。

今回わたしたちはタイル部分は高圧洗浄後にクリア塗装の2度塗りを提案させていただきました。
クリア塗装は現在の外壁のデザインをそのまま残すとこが出来るメリットがあります。
性能や耐候性はどうなの?と心配されるお客様もいると思いますが、最近はクリア塗料でもグレードの高いフッ素や無機質の塗料も出ていますので、ご心配なくご要望に応えられると思います。
2階外壁のスキン仕上げはカビやコケ発生しやすく、また塗装の際の下地作りが三工程必要な特殊な外壁仕上げです。
スキン仕上げの外壁塗装についてはこちらをご覧ください。
スレート屋根
屋根材のスレート屋根には苔やカビのが発生してます。
ではスレート屋根の特徴をみると薄い板状の屋根材です。
素材は粘土板岩を薄く加工しています。
日本瓦と違ってスレート屋根には定期的なメンテンナンスが必要です。
カラーベストの寿命は30年と言われています。
色褪せやカビ・コケ、ひび割れ等のありますと、カラーベストの表面の塗膜が剥がれて防水機能が低下してカーラベスト自体が水を含み、カビやコケの発生に繋がり、最悪、下地材(野地板)などにも悪影響を起こします。
スレート屋根のメンテナンスでは、屋根の塗装のほかにもカバー工法や葺き替え工事などもあります。
塗装は屋根材表面に塗膜を塗りコーティング機能の向上を目的としておこないます。しかし、幾ら塗装をして綺麗になっても一度痛んだものは新築当時には戻りません。
カバー工法は重ね吹きとも言われ既存の屋根に新品の屋根を重ねる工法です。廃材も抑えられますしコストも工期も比較的安く抑えられる工法です。
葺き替え工事は既存の屋根を撤去して行うので廃材等でコストが高くなります。

カバー工法の詳しい内容はこちらもご覧ください。

葺き替え工事の詳しい内容はこちらもご覧ください。
スレート屋根谷板金
谷板も少し歪みが出てきてますね。
谷板とは屋根に降った雨が下へ下へ流れつく最終点で、かなりの雨が集まる場所になります。
屋根の状態が良くても少しでも谷板に穴など開いてしまうと、雨漏りが発生しますので定期点検などを怠らずに行いましょう。

タスペーサー
タスペーサーってご存知でしょうか??
スレート屋根(カラーベストやコロニアル)の塗装で塗り替えるときに必要な道具です。
塗装の際にタスペーサーが塗膜の引っ付きを抑え水の通り道を作り、雨を適切に流すことによってスレート屋根の塗装の際の雨漏りのリスクを格段に抑えます。
お客様も見積もりなどの項目で「タスペーサー」の文字を見たり聞いたりしたことがあると思いますが、「縁切りするからタスペーサーは必要ない」とか言われる方もいますが、リスク回避の面でも入れると入れないでは格段に違います。
しかもタスペーサーは従来の縁切りを確実に行うために開発された部材です。

安心して暮らせるためにも、タスペーサーが記載ない場合いでもなぜ記載がないのか、必ずご確認するといいと思います。

私たち町の屋根やさん周南店ではタスペーサーの重要性について説明をし、お客様に勧めています。

屋根塗装はこちらもご覧ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878