オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で雨漏りした屋根の傷みの点検・修理をお考えの方へ


梅雨時期ということもあり、周南市にお住まいのお客様より、雨漏りに関するお問い合わせを多くいただいております。
雨漏りすると天井から雨水が染みだして室内を濡らすだけでなく、建物の重要な部分である柱や梁にダメージを与えてしまいます。
そのため、雨漏りを発見した場合には早急に修理する必要があります。
そこで今回のコラムでは、雨漏りについてお知らせします。
雨漏りしている屋根
画像は、周南市にお住まいのお客様のお家の屋根です。
「雨漏りを直したい」とお問い合わせがあり現地調査させていただきました。
スレート(カラーベスト)などの屋根材がズレたり、割れた箇所から雨水が浸入して雨漏りにつながります。
屋根材が割れているのに雨漏りしていないということもあります。
なぜなら、屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が敷かれており、それが雨水の浸入を防いでいるからです。
防水紙があるなら補修しなくてもいいというわけではなく、雨水が触れることで防水紙の劣化が早くなり、防水紙が破れると大量の雨水が浸入して大きな被害になる可能性があります。
屋根材の傷みだけでなく、外壁との取り合い板金の浮きや釘穴の隙間、谷樋の経年劣化による穴などから雨漏りすることもあるので注意する必要があります。
屋根材のズレや割れを発見した場合には、地元の屋根やさんに点検を依頼するようにしましょう。
瓦屋根のズレ
雨漏りしたからといって、ご自分で屋根に上って点検や補修をするのはやめましょう。
経年劣化で屋根材の強度が低下していたり、踏む場所が悪いと屋根材を割ってしまうことがあります。
それだけならまだいいのですが、足を滑らせてしまうと大ケガをしてしまう危険性があります。
また、どこから雨漏りしているか特定することは困難で、間違った箇所をコーキングなどで塞いでしまうと雨水の流れが変わり、他の箇所が雨漏りしてしまうことがあります。

街の屋根やさんの無料点検では、実際に屋根に上って、写真を撮りながら、細かい箇所まで点検をします。
また、雨漏り箇所の特定が困難な場合には、散水試験で漏水箇所を特定します。

無料点検の詳細はこちらをご覧ください
屋根材の撤去
雨漏りしている場合には屋根材の下にある防水シートが破れているということなので、屋根材だけでなく防水紙も修繕する「屋根葺き替え工事」をおすすめします。
屋根葺き替え工事は、既存の屋根を撤去して、野地板や防水紙を直してから、新しい屋根材を葺く工事です。

瓦屋根の葺き替え工事の際には、地震などの災害のことも考えて防災瓦がおすすめです。

屋根葺き替え工事の詳細はこちらをご覧ください
雨漏りを放っておくと、柱や梁を劣化させてしまいます。
屋根の劣化や損傷を見つけたり、雨漏りしてしまった時には、早めの点検・修理が大切です。
雨漏りでお困りの方は、お気軽に街の屋根やさん周南店までお問い合わせしてください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878