オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、雨漏り修理について


光市にお住いの方へ向けた雨漏り修理のコラムです。
雨漏りといえば、屋根からと思う人が多いと思いますが、雨漏りというのは住宅すべての箇所から起こる可能性があるということを忘れないでください。

雨漏りをしている箇所を専門業者に特定してもらい雨漏り修理をしてもらいましょう。

雨漏りが起きた時にすることとは?

1111_R-10
もし雨漏りに気づいたときにはまず最初にしないといけないことは、室内の被害をできるだけ最小限に抑える事です。
タオル、雑巾、バケツなどを使い雨水でできるだけ濡れないように対処することが大切です。
どこから雨水が侵入してきているのか確認する必要があるのですが、こちらの作業については自分では確認することが難しいので、専門業者に依頼した方がいいです。
なぜかというと、雨漏りというのは屋根からだけ起こる事ではないからなのです。
外壁、ベランダなど様々な個所から雨漏りする可能性はあります。
雨漏り修理を専門業者に依頼する場合には必ずですが、雨漏りしている部分を写真を撮っておくとスムーズにいくことが多いです。

雨漏りは場所を特定することが重要

雨漏り修理をするさいには、まずはどこから雨水が漏れているのかを特定していく必要があります。
雨漏りしやすい場所、雨漏り修理のポイントを紹介していきます。
スレート材のひび
828861dd6e969fe69867fc76307936b1-columns2
台風、自然災害なので強風により飛来物が飛んでき住宅屋根の瓦、ストレートにあたるとひび割れの原因になります。
ひび割れが発生すると、そこから雨水が染み込み雨漏りの原因となってしまいます。

基本的にこの雨漏り修理だと瓦、ストレートの交換してコーキングをするだけの簡単な作業なので安価で修理できます。
ですが、ひび割れなどから雨水が侵入していて下地材などが腐敗してしまっているときには下地材からすべて取り換えとなるので費用は安価とは言えない時があります。
下地材に何も影響がないのであれば、コーキングだけでの雨漏り修理で済みます。

瓦を固定している漆喰は屋根材と比較すると寿命が短いため、雨漏りの原因となる箇所でもしこちらから雨漏りをした場合には、劣化した漆喰をすべて取り除き新しい漆喰を塗りなおしていく事で雨漏り修理ができます。
棟板金の錆び
棟板金とは、住宅屋根の最上部にかぶせている金属板です。

棟板金から雨漏りしている場合は、棟板金を固定している釘が劣化して棟板金が浮いているか、板金の隙間から雨漏りがしている可能性があります。

棟板金からの一番の雨漏りの原因となるのはこの金属板を固定している釘が経年劣化で釘が錆びたり、釘が浮くことで雨水が侵入して雨漏りを引き起こすのですが、下地の貫板まで腐食してしまうのです。

棟板金からの雨漏り修理を行う場合には足場の組み立てが必要ですが2日程度で完了します。

詳しい棟板金工事の詳細→棟板金工事について。
谷板金の穴
谷樋の雨漏り修理について。

二つの屋根面が接する部分に取り付けられている樋の事を谷樋といいます。
谷樋には雨水が集まってくるため、腐食しやすい箇所なのです。
屋根の樋が腐食しやすいということは、もちろんですが雨漏りしやすいという事なのです。

もし、谷樋に穴ができてしまった場合には寿命なので谷樋の交換が必要です。
交換することで、雨漏りを止めることができます。
谷樋の交換を行う際には、瓦、ストレートの一部を外すことになるのでおよそ1日作業になりますが、屋根の劣化状況や足場が必要なときには数日日数がかかることがありますが、谷樋をすべて交換することで雨漏り修理ができます。
IMG_4100_R-columns3
IMG_4099_R-columns3
IMG_4086_R-columns3
ベランダからの雨漏り修理について。
まず、ベランダの排水溝付近、防水層にひび割れがないかをチックします。
ベランダからの雨漏りというと排水溝の不具合で雨漏りに繋がることが多いからです。
ベランダに降った雨水は全て排水口を必ず通過するため、負担が大きいからです。

ベランダの排水口が破損していなくても雨漏りはベランダから起こります。
ベランダの防水層の劣化、クラックで雨漏りは起こります。
ゴミ、落ち葉なので排水口が詰まり雨水が流れなくなりベランダがプールみたいな感じになると雨漏りします。

ベランダ外装からの亀裂から雨漏りが起こることがありますが、防水工事を行う事で雨漏り修理ができます。
定期的なメンテナンスを行う事で雨漏りを防ぐことが可能です。

防水工事についての詳しい詳細はこちらから→防水工事について。
クラック(ひび割れ)の入ったモルタル外壁
外壁のクラック(ひび割れ)
クラック(ひび割れ)の発生したモルタル外壁
住宅の外壁雨漏り修理について。

雨漏りの原因として意外な箇所として外壁なのです。
では、どのようなとこらから雨漏りが起こるのかというと外壁クラック、外壁のはがれている場所から雨水が染み込んで雨漏りの原因となるのです。

外壁工事をする時には必ず足場が必要です。
再塗装2週間 サイディングの張り替え10日程度(張り替えの広さで異なります)
外壁工事をするとなるとこのらいの期間は必ずかかります。

建物内部に雨水が浸入する前に外壁工事をしておけば雨漏り修理の心配もいらないです。
2019_10_13_12_47_28_204_20_R-columns3
サッシ廻りのシーリング
カッターでシーリングを除去
窓からの雨漏り修理について。
築浅の住宅でもごくまれ施工不良で窓から雨漏りすることがあります。
建物を建ててから数十年もたてば窓から雨漏りすることは珍しいものではないです。
窓枠を固定しているコーキングの寿命はおよそ10年くらいです。
10年経てばすぐに雨漏りするという事ではなくる、窓枠のコーキングは劣化が始まっていていつ雨漏りが起こってもおかしくない状態だということを覚えといてください。
窓枠のコーキングなら足場を組む必要もないので1日あれば窓枠からの雨漏りの雨漏り修理はできます。

住宅の屋根に取り付けされている天窓(トップライト)については→こちら天窓について

最後に

雨漏り修理というのは雨漏り箇所を特定することがとても大事な作業なのです。
雨漏り箇所をを特定しなければ雨漏り修理ができないのです。
雨漏り箇所をきちんと特定できていないのに雨漏り修理を行うと2度3度の雨漏り修理が必要となる事があり、不必要な修理を行う事で無駄な費用が必要となるので注意が必要です。

山口県光市にお住いの方で雨漏り修理を検討している方は街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878