オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、ベランダ・バルコニーには、どの防水を使うのがいいか


ベランダ・バルコニーのメンテナンスをしようとしても、防水工事にはいくつか種類があり、どれがいいのか分からないという方がほとんどではないでしょうか。
今回のコラムでは、ベランダ・バルコニーには、どの防水工事がいいのかをお伝えします。

ベランダ・バルコニーの防水

ベランダの床面
ベランダ・バルコニーは勾配がほとんどなく、四方を壁に囲まれていることがほとんどなので、雨水が溜まりやすく、雨漏りの原因として以外に多い箇所です。
そのため、ベランダ・バルコニーの床面には、雨水が浸入しないように防水工事で「防水層」を形成しています。
防水層は紫外線や雨水などの影響で劣化していき、割れたり、剥がれると雨漏りを引き起こしてしまいます。
一般的な住宅のベランダに使用される防水の種類は、「ウレタン防水」「FRP防水」「シート防水」です。
ベランダ防水工事の施工後
ウレタン防水は、液状のウレタン樹脂を均一に塗り、防水層を形成する防水です。
塗料なので複雑な場所にも施工でき、継ぎ目のないキレイな防水層を形成できます。
柔軟性が高いので、建物が動いても、ひび割れが起きにくいのが特徴です。
また、他の防水に比べて安価に施工できます。
複雑な形状のベランダにおすすめです。

ウレタン防水工事の詳細はこちらをご覧ください
FRP防水施工後のベランダ
FRP防水は、ガラス繊維を敷き、そこに液状のポリエステル樹脂を塗布する防水です。
継ぎ目できず複雑な形状の場所にも施工でき、貯水槽やプールに使用されるほど防水性に優れています。
また、耐久性が高く、屋上駐車場などにも使用されます。
しかし、伸縮性がほとんどないため、地震や強風などで変形しやすい木造住宅の大きなベランダには向いていません。
建物の変形に追従できず、防水層にひびが入ったり、割れたりする可能性があります。
耐久性・防水性を重視する場合におすすめです。

FRP防水の詳細はこちらをご覧ください
屋上のシート防水
シート防水は、塩化ビニールなどでできた防水性のあるシートを敷設する防水です。
紫外線や熱に対して強く、短期間・低コストでの施工が可能です。
防水層の継ぎ目ができてしまい、複雑な形状のベランダには施工できません。
強い日差しが当たるバルコニーに適しています。

シート防水の詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878