オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、防水工事について


山口県山口市にお住いの方へ向けた屋根防水工事を検討している方へ向けたコラムです。
もうすぐ梅雨の時期になります。
梅雨の時期といえば雨ですがこの時期に向けて雨漏りをしていないか住宅を定期点検することはとても大事なことです。
雨漏りをしてから、雨漏り修理、屋根防水工事を専門業者に依頼するのは遅いですね。
事前に対策しておくことで住宅を長持ちさせることが可能になってきます。
山口市にお住いの方で屋根防水工事を検討されている方に参考になればと思います。

山口市にお住いの方で雨漏り修理にお困りの方はこちらから→山口市の方へ、雨漏り修理について

屋根防水工事の種類

陸屋根、マンション、ベランダは定期的に屋根防水工事を行う必要性があります。

防水工事の種類について。
1 シート防水
2 ウレタン防水
3 FRP防水
4 アスファルト防水

上記で紹介した防水工事の各工法の施工の流れ、特徴について紹介していきます。
防水工事に使うシート防水とは、塩ビなどの防水シートを接着剤で張り付ける工法です。

シート防水は施工期間の短さが特徴で、貼り付けを完了すればすぐに防水性が得ることができ施工期間をとれない時には最適の防水工事といえます。
シート防水工事の注意点についてですが、施工の際に隙間ができてしまうと防水機能が低下してしまいます。

シート防水の耐久性についてですが、約10年ほどだと思います。
FRP防水のガラスマット張り込み
FRP防水
FRP防水のベランダ
FRP防水とは、ガラス繊維製のシート、樹脂を使用した防水工事です。

樹脂とガラス繊維を重ねるように施工していくと、強化プラスチックのような仕上がりになります。
軽量で強度に優れており、耐候性、耐水性に優れていますがメンテナンスに手間がかかることが唯一の難点です。
FRP防水は紫外線に弱いというデメリットがあるので紫外線から防水層を守るためにトップコート塗布をするのですが、使用にともなって劣化していくため、定期的に塗り直しをしないといけないのです。

紫外線に弱いため、あまり屋上で使用されることがない防水工事ですが唯一よく使用されるのであれば、車両などがよく行き来する場所なので使用されることが多い防水工事です。
IMG_3880_R-columns3
ウレタン防水工事
ウレタン防水の屋上
ウレタン防水とは、液状のウレタン樹脂を塗装していく工法です。

ウレタン防水とはウレタン樹脂を均等に塗り重ねていく工法なのでシート類みたいにつなぎ目が出ない防水工事の仕上がりになります。
均等に塗り重ねをしていかなければならないので職人さんの技術力が必要となる防水工事です。

液状になっているため、施工箇所が複雑なと箇所でも施工が行いやすく、比較的ですが施工にも時間がかかりません。

ウレタン防水の耐用年数はおよそ12年ほどといわれていますが、気候により多少ですが劣化状況は変わるので定期的なメンテナンスを行う事で防水効果を長持ちさせることは可能です。
アスファルト防水とは、アスファルトを染み込ませた合成繊維の布を張り重ねる工法です。

アスファルト自体が水を良く弾くため防水性能に優れているため屋上などの水にさらされやすい箇所に使用されることの多い防水工事です。

防水工事の際に注意点があり、アスファルトを溶かす必要があるため石油バーナーなどで加熱して溶かす必要があるので周りに火が付かないように火事には気を付けなければいけません。

加熱の際に煙、においが出るため近隣への配慮が必要です。

防水性に重視されている方へはお勧めの防水工事です。

施工費用の相場について

防水工事のプライマー塗布
防水工事には様々な工法があります。
それぞれの施工価格の相場のついて説明していきます。
ウレタン防水 平米単価 約7,500円
シート防水 約8,000円
FRP防水 約9,000円
アスファルト防水 約8,000円
防水工事の施工ごとにより、施工期間、耐水性、耐用年数に違いがあります。
建物に最適な防水工事を専門業者と相談し施工してもらうことをお勧めします。

山口県山口市にお住いの方で、防水工事を検討されている方は街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878