オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、外壁・屋根塗装を依頼したらシリコン、フッ素、無機塗料って勧められたけど、どれを選べば良いの?フッ素塗料編


屋根の塗装や外壁の塗装の見積もりを出してもらうと、塗料の種類でシリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料と目にしたり耳にした事があると思います。
始めて聞いたりするとその場で説明を受けても値段の違いや期待耐候年数の違いは分かっても実際どの塗料を使用して塗装をするのが良いのか判断に困る方も多いと思います。
少しでもその塗料の特徴を理解し判断基準になるように今回はフッ素塗料をお伝えしたいと思います。

フッ素塗料とは。

フッ素塗料は耐候年数が長く、機能性豊かな塗料になってます。アクリル、シリコン塗料などと比べて耐候性は高く機能性の面でも断トツに軍配が上がります。
費用はシリコン塗料等に比べ高めですが近年はフッ素塗料の需要も高まっています。

フッ素塗料とは、主成分がフッ素系の樹脂で作られてる塗料です。
フッ素塗料の特徴としましては寿命の長い塗膜を形成できるというところです。フッ素樹脂を高い技術で開発された塗料ですので長い寿命を実現できるのです。
さらに、フッ素が持ってる非粘着性や耐摩擦性、耐火性といった性能を生かすことで、屋根塗装や外壁塗装で大きなメリットを発揮し、質の良い塗膜を作り出すのです。
フッ素塗料は親水性も兼ね備えていますので、屋根・外壁に付着した汚れを雨などで洗い流すので綺麗に保つことができます。
防水性にも優れていますので、塗膜が膜を作り汚れも付きにくくなります。

フッ素塗料の期待耐候年数はメーカーによっては15年~20年と書いてるところもありますが、大体15年といわれています。
しかし屋根の塗装は屋根は外壁に比べて沢山の紫外線を浴びますので、若干耐候年数は下がります。

フッ素塗装
後、塗装は下地処理と下地作りと塗装職人の腕によって耐候年数が15年といっても差が出ます。
きちんとバイオ高圧洗浄やケレンで汚れを落とし適正な下地材を塗り、腕の良い職人によって塗装をしてはじめて塗料の能力を引き出せるのです。

私たちもお客様にお見積もりを提示するときに3種類(シリコン・フッ素・無機)の塗料のプランでお伝えすることがありますが、まずはお客様が後この家に何年住むのか、ご親族に引き継ぐのか、を考えて一番コストパフォーマンスが良いプランを選ぶべきだと思います。
もう後10年しか住まないなら耐候年数10年のシリコン塗料で良いと思います。
しかしまだまだ30年は住むなら耐候年数15年のフッ素塗料だと30年間で2回の塗装工事で済みますので30年間で3回塗装が必要になるシリコン塗料よりも、フッ素塗料を選ぶのが良いと思います。

適切な塗装によって塗料は建物を長く良い状態を維持する効果です。

町の屋根やさん周南店ではお客様に合った適切なプランをご提示しています。

無料見積もりの依頼はこちらから。

前記載のシリコン塗料編はこちらもご覧ください。

後記載の無機塗料編はこちらもご覧ください。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878