屋上やベランダの排水口が詰まると雨漏りするの?詰まりの原因


屋上やベランダ、バルコニーを定期的に掃除するという方はあまり多くないのではないでしょうか?
特に屋上には上がる機会もなく、下からも見えないため、状態すら分からないという方もいるかと思います。
今回のコラムでは、排水口の詰まりが防水にどういった影響を与えるのかお伝えします。
陸屋根の排水溝(ドレン)

排水口の詰まり

排水口には、ストレーナーと呼ばれる蓋が付けられており、ゴミが入るのを防いでいます。
しかし、この蓋が飛んできた枯れ葉やビニール袋、ガーデニングの土などが覆いかぶさることで詰まります。
排水口の蓋(ストレーナー)にゴミや落ち葉が詰まっていなくても、中の排水管が砂や土で詰まっていることもあります。

陸屋根は、他の形状の屋根と違い全ての雨水が排水口を通して排水されます。
そのため、排水口が詰まるとプールのように雨水が溜まってしまいます。
屋上やベランダの防水は、プールのように水を溜めるようにはできておらず、防水層の劣化した部分から水が侵入して雨漏りの原因になります。
ルーフドレンは、そのほとんどが鉄製です。
排水不良によりドレン周りに水が溜まっていると錆が生じて劣化が加速します。
ルーフドレンが劣化すると、防水層との境目部分に隙間ができてしまい、そこから雨漏りが発生します。

また、排水口の周りに泥が堆積して雑草が生える原因にもなります。
雑草を放置すると防水層を傷めることにもなります。

排水口のメンテナンス方法

排水口が詰まらないようにするには、こまめな掃除が必要です。
屋上やベランダが汚れていると、雨で砂やホコリが排水口に流れ込みます。
そうなる前に、排水口の蓋(ストレーナー)を外して、蓋のゴミなどを取り除き、ほうきで掃いて掃除することが大切です。
排水口周りのゴミを取り除いても、雨水の排水がうまくいかない場合には排水管が詰まっている可能性があります。
その場合には、無理に水で流したりせず、すぐに専門の業者に連絡してください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878