オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根塗装の見積もりを依頼したらシリコン、フッ素、無機塗料で提示されたけど、どれを選べば良いの?無機塗料編


屋根の塗装や外壁の塗装の見積もりを出してもらうと、塗料の種類でシリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料と目にしたり耳にした事があると思います。
始めて聞いたりするとその場で説明を受けても値段の違いや期待耐候年数の違いは分かっても実際どの塗料を使用して塗装をするのが良いのか判断に困る方も多いと思います。
少しでもその塗料の特徴を理解し判断基準になるように本日は無機塗料をお伝えしたいと思います。

無機塗料とは。

無機塗料とは文字通り無機物を配合して作られた塗料です。
生物が関与する以前に存在する物質を無機物といいます。
無機物とは石、レンガ、タイル、ガラスなど炭素を含まない物質で紫外線など強い成分が当たっても劣化しません。
窓ガラスは紫外線に当たり続けても劣化しませんよね?ってことに目を向けると分かりやすいですね。
そんな無機物を成分にすることで、紫外線に強く長い対候性を可能にした理想的な塗料が無機塗料です。
アクリル塗料やシリコン塗料は有機塗料といわれるものであり、無機塗料は無機物を含んで作られていますので従来の有機塗料とは全く違う効果を発揮します。
しかし無機物のみで塗料を作ることは出来ませんので、有機物が含まれている為に残念ながら劣化は発生してしまい塗膜の寿命が発生してしまいます。
されど無機物と有機物の配合で作られた塗料では無機物のもつ長い寿命を発揮でき塗料とし最高級の効果を生み出す塗料になっています。

無機塗料の特徴としましては、変色しにくい塗膜が出来るため長い対候性が望め、無機材という親水性が高い成分のため雨だれなどの汚れをセルフクリーンする塗膜を作りだすことができます。
また撥水性も高いためカビなども発生しにくく、静電気なども起きにくい性質もありますのでホコリなども寄せ付けません。
無機物は鉱物ですので燃えにくい性質ですが、100%無機物ではなく有機物との配合の塗料ですので燃えにくい耐火性に優れた塗料になります。
シリコン、フッ素などに比べ価格は高いですが、現在発売される塗料の中では最高級の性能です。
無機塗料の期待耐候年数は20年といわれています。





スレート屋根無機塗装
塗装は下地処理と下地作りと塗装職人の腕によって耐候年数が20年といっても差が出ます。
きちんとバイオ高圧洗浄やケレンで汚れを落とし適正な下地材を塗り、腕の良い職人によって塗装をしてはじめて塗料の能力を引き出せるのです。

私たちもお客様にお見積もりを提示するときに3種類(シリコン・フッ素・無機)の塗料のプランでお伝えすることがありますが、まずはお客様が後この家に何年住むのか、ご親族に引き継ぐのか、を考えて一番コストパフォーマンスが良いプランを選ぶべきだと思います。
もう後10年しか住まないなら耐候年数10年のシリコン塗料で良いと思います。
しかしまだまだ20年30年40年と住むなら耐候年数20年の最高級の無機塗料を選ぶのが良いと思います。

町の屋根やさん周南店ではお客様に合ったプランの提示をしています。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

前項のシリコン塗料編はこちらもご覧ください。

前項のフッ素塗料編はこちらもご覧ください。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878