オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、ポリカについて


ポリカとは?

ポリカーボネート張替え後
ポリカ(ポリカーボネート)とは、熱可塑性プラスチックの一種です。
ポリカは様々な製品の材料として使用されています。
一番身近なもので例えるとスマホケースにもポリカは使用されています。
ポリカはドイツのバイエル社が開発した製品です。

ポリカの特徴について

ポリカーボネートのカーポート
カーポート
カーポートのポリカーボネート
ポリカの衝撃強度は、透明なプラスチック素材の中で一番の衝撃強度といっても間違えないです。
では、どのくらいの衝撃強度があるのかというと。
アクリルの40倍
硬質塩化ビニルの20倍
言葉で伝えてもわかりにくいと思いますがとりあえずポリカの衝撃強度はすごいという事です。
ポリカは優れた衝撃強度を持ちながらも加工しやすい素材なのです。
あの強度を持ちながらも、ノコギリでカットできてしまうという便利な加工性を持っています。
ポリカという素材はなおかつ柔らかく、軽量なんです。
これだけの強度で軽量なので様々な箇所に使用されています。
ポリカの厚さが5㎜なら、光透過率が85パーセント以上あります。
この光透過率はガラス、アクリルと同様の透明度があるんです。

ポリカは優れた耐久性を持っていますがどのくらいの寿命があるのかをポリカ性のカーポートで紹介します。
カーポートを設置するときに気になることがいくつかあると思います耐用年数、寿命など気になることがあると思います。

IMG_3960_R-columns3
d771de9d31875a65e283075949cabac1-columns3
カーポートの波板
カーポートの設置場所(寒暖差、地域)で耐用年数が違ってきますが、基本的にはポリカのカーポートは15年ほどの耐用年数がありますが、15年以上使い続けている方もいると思いますが長年使い続けているとポリカがバキバキになる事もあります。
バキバキのカーポートを使い続けていると車に直接紫外線の影響与えるためカーポートの意味がありません。



カーポートに使用されている主な素材は屋根がポリカ、柱はアルミが使用されています。
カーポートの屋根材に使用されているポリカは耐用年数に優れているため、紫外線の劣化も起こりにくい素材なのです。
ポリカは素材に粘りがあり、割れにくいのも特徴の一つで柱に使われているアルミは軽くて、丈夫で、サビにくいといった特徴があります。
ポリカとアルミで構成されたカーポートの寿命はおよそ15年以上です。

カーポートの屋根材で塩化ビニルを使用している場合には、紫外線による劣化がポリカと比較すると早いです。
スチール製に柱を使用するとアルミ製の柱と比較するとサビが出てしまうため劣化が早いです。
山口県下松市にも沿岸地域に住んでいる方は多いと思います。
沿岸地域に住んでる方は塩害に気を付けてください。
5ae232f532242e25477715f3bddf3093-1-columns3
e3307fa6d177b90293c698d935beb1cc-columns3
678b340d1c1ab3c9c1e4cba165fd8b08-columns3
ポリカ性のカーポートを長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要です。
では、長持ちさせるにはどのようなことをしたらいいのか?
カーポートで気を付けたいのは自然災害で強風、積雪です。  
強風、積雪の後には、すぐに点検をしてカーポートに不具合があるのであればすぐに対処することでカーポートを長く使用できます。

見た目が特に不具合が無さそうでも、ネジが緩んででいたりしていることが多いので点検はした方がいいです。
カーポートの劣化状態によって修理費用は様々です。

カーポートのパネル交換
1枚あたり 8,000円~15,000円

カーポートのアルミ枠の交換
100,000円~

カーポートの修理にはおよそですがこのくらいの費用が必要となってきます。

カーポートの交換でお困りの方は一度無料見積もりをしてもらいましょう。

山口県下松市にお住いの方でポリカについてお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878