オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、ポリカについて


ポリカ(ポリカーボネート樹脂)は高い透明性、自己消化性を持ちながらもプラスチック素材の中では一番の衝撃性、耐久性を持ち合わせているプラスチックです。

ポリカの特徴として、加工性に優れています。
プラスチックでは、基本的な成型方法である射出成形、真空成型などその他の成型方法に対応している素材です。
このようにポリカは様々な加工方法に適している素材なのです。

ポリカの長所、短所について

カーポートのポリカーボネート
1 衝撃に強い
プラスチックの中でも一番の耐衝撃性をもっている。
塩ビの10倍、アクリルの50倍の耐衝撃性。

2 高い透明率
ポリカの透過率80%以上でガラスと同等の透明性。

3 自己消化性
火をつけても燃え広がらないように、自己消化性があります。

4 ポリカは耐候性に優れている
カーポート、テラスの屋根の仕様に向いています。
洗濯バサミなど屋外で使用されている製品に使われていることも多いです。

5 寸法精度
ポリカは吸水性が低いため、収縮が低く抑えることができるので寸法精度が優れています。
1 有機溶剤、界面活性剤に弱い
ポリカは有機溶剤、界面活性剤に弱く応力腐食性があります。
ポリカ性の製品にアルカリ性の物をかけたまま放置するとポリカがひび割れ、変形などの不具合を起こすことがとあります。

2 傷がつきやすい
ポリカは傷がつきやすいためウエス、ブラシ等など少し硬い素材で洗浄をおこなうと傷がつき透明感を失います。

ポリカ性のカーポート、テラス屋根

ポリカーボネード
現在ではカーポート、テラスの屋根によく使用されている素材はポリカです。
ポリカとはどんなものなのか説明しましたが、透明性、衝撃性、自己消化性など他にも様々なことがあります。

では、カーポート、テラスの屋根にポリカがよく使用される理由について。
1 紫外線に強い
塩ビ、アクリルの屋根を使用すると紫外線に弱いため年数が経つと劣化して割れやすいのです。
ポリカ性の屋根は紫外線に強いため、車を紫外線から守ってくれます。

さらに、温度上昇の原因になるのが赤外線ですが赤外線を遮る素材もあるため、車を紫外線から守るだけではなく車内温度を上昇することも軽減することもできるため屋外の屋根に適した素材なのです。

2 屋外に設置するためには強度が必要なため
なぜ、強度が必要なのかというと。
カーポート、テラスの屋根は基本的には雨や紫外線から守るために設置すると考えがちなのですが、台風、強風からもまもるという重大な役割もあるのです。

強度は屋根だけではなく支柱の強度、構造なども大きく影響がしてきます。
屋根には強風、台風で飛んできたものが接触して破損することがあります。
カーポート、テラスの屋根には様々なものが接触する可能性があるため強度が必要なのです。


5ae232f532242e25477715f3bddf3093-1-columns3
e3307fa6d177b90293c698d935beb1cc-columns3
678b340d1c1ab3c9c1e4cba165fd8b08-columns3
山口県山口市にお住いの方でポリカ(カーポート、テラス)でお困りの方は街の屋根やさん周南店迄お問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878