オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋上や陸屋根などの防水施工のシート防水とは?


シート防水
シート防水とは、塩化ビニールやゴム製のシートを施工箇所に接着し、水の侵入を防ぐ防水工事です。
施工法は、専用の接着剤で施工箇所とシートを接着する「密着工法」と、専用の機械で施工箇所とシートを接着する「機械固定工法」です。
密着工法は、通気性がなくまだ雨漏りしてない箇所向けで、接着剤を使用するため施工箇所を十分に乾燥させてからになります。
逆に、機械固定工法は通気を確保できるので雨漏りしていても施工可能で、施工箇所からシートを一部浮かせての工法です。
シート防水は、他のFRP防水などと比較して耐久性に優れています。
熱や紫外線に強く防水性があるシートのため、15年程度の耐久性で長持ちさせられますが、使用するシートによって耐久性は変化し、ゴムシートの方は薄く鳥などについばまれて穴が開いてしまうことが多いため、最近は塩ビシートで施工することが一般的です。

シート防水
シート防水は、ビルやマンションなどの広い屋上でも防水材が既成のシートで厚さが一定なので、広い面積でも一度にムラなく施工できます。
またウレタン防水のように、液体の防水材を塗装する方法の場合は乾燥時間もかかり、塗る職人の腕にも左右されるのでムラが出る恐れがるため、効率よく綺麗に仕上げるならシート防水がお勧めです。
しかしシート防水にもデメリットはあり、凸凹や天窓など固定物がある場合は不向きで、なぜならシート状なので複雑な箇所を覆うのが難しく、シートの隙間から水が入り施工後に漏水する恐れがあります。
更に機械固定工法の場合は、シートを接着させるための金具をドリルを使って固定するため振動音が発生してしまいます。
最後に、シート防水は前に防水工事を行った箇所の上にそのままシートをかぶせる為、既に行われている防水と違う種類のものを施工しても不具合が心配ありませんので、下地の状態を選ばないシート防水で失敗のない工事をしましょう。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878