オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、樋修理について


2019_10_19_17_07_26_356_1_R
建物の屋根から流れ落ちてくる雨水から守ってくれるのが樋(雨樋)です。
簡単に説明すると樋とは屋根から流れ落ちてくる雨水を下水に流すため重要な設備です。
樋には様々な種類があり、軒樋、竪樋、箱樋の3種類があります。

建物腐食の原因となる雨水が浸入しないようにする役割がある樋ですが樋がないと屋根から流れ落ちてくる雨水が外壁に流れてしまうため外壁がすぐに劣化してしまいます。
樋は雨水から守ってくれる重要な役割を持っているため定期点検や樋修理は欠かさずするようにしないと雨漏りの原因にもなります。

樋が壊れてしまうにはいろいろな原因があり、樋でつまりが起きやすいポイントは屋根からの雨水を集めるための機能をしている集水器と竪樋で、縦に円筒状にできているためゴミなどが溜まりやすくなってしまうのです。
あと、強風に乗って落ち葉などが飛んできてつまりを起こすなど、鳥の巣などが原因でつまりを起こすなどしますが。すべてを取り除きホースで水を流し正常通り流れればつまりが解消して樋修理完了です。
樋の寿命(耐用年数)はおよそ20年で長く持ったとしてもおよそ25年ほどですこれ以上たつと金具から外れたり、穴が開いたりするなど雨樋が経年劣化することで建物に対して様々な悪影響を引き起こすため樋修理は重要なのです。
before1
2019_10_15_15_48_01_699_1-2_R-columns2
雨樋も月日が過ぎると色褪せが起きてしまいます。
樋って外壁塗装屋根塗装と比べると軽視されがちなんですね。
10年ほどで雨樋の塗装が剥げてしまいます。
樋の寿命(耐用年数)はおよそ20年ほどなので必ず樋の塗装は必要となってきます。
vertical
after1
2019_11_05_17_42_17_631_1-1_R
こちらは実際に山口県山口市で行った樋修理の一部の塗装の工事です。

樋塗装の必要性について。
基本的にですが樋を塗装したからと言って樋の不具合がなおることはないです。
ではなぜ、樋を塗装するのかというと美観をよくするためなのです。
樋はもともと頑丈に作られているため、耐久性に優れているため再塗装する必要性が無いようにできていますが樋もいつまでもきれいではないし、劣化してくると外観が古びたように見えてくるので再塗装し外観を綺麗に見せる必要性があるから塗装をするのです。

樋塗装を行っていくうえで一番大事な作業といっても過言ではないのがケレンという作業です。
塗装をする前にどのようなときでも必ず下処理は必要で、下処理をしないで古い塗料の上に新しい塗料を塗っていくと早く塗料が剥がれる落ちるなどの不具合が起きます。

樋塗装は、外壁塗装と同時にすることにより外見が綺麗になるので同時にすることをお勧めします。
before1
劣化した雨樋と鼻隠し
こちらの図は、経年劣化した樋です。
長年放置して傷んだ樋には穴があいたり、ひび割れが起きたりしているので、樋修理をする必要性があります。
horizontal
after1
施工後の雨樋と鼻隠し
経年劣化した樋をすべて新しく交換したものです。
樋をすべて交換することで、雨水を下水に正常に流すことができます。
撤去した雨樋
樋修理方法は、部分補修、部分交換、全交換です。
樋の劣化状況に応じて樋修理を行っていきます。

部分補修が必要な劣化症状は、樋の接続部分が緩んでいる場合にはそこから雨水が漏れたりしてしまうので接着剤塗り再びはめなおすことで補修ができます。
樋に小さな穴や、ひび割れがある場合にはアルミ製の補修テープで小さな穴や、ひび割れを補修することが可能です。

樋の部分交換が必要な劣化症状は、樋が部分的に破損していたり、樋が欠落しているときには部分交換が必要となってきます。

山口県山口市では雪が多く降る地域で、雪が多く降る地域でよくみられる劣化が樋が外に傾いてしまうことで、一度傾いてしまうと元に戻したとしてもすぐにまた傾いてしまうため、部分交換した方がいいです。

樋の全交換についてですが、上記で説明したような箇所が複数以上ある場合や樋を20年以上放置している場合は全部交換した方がいいです。

山口県山口市にお住いの方で、樋修理(雨樋修理)でお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878