オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、屋根工事について


屋根は雨から建物を守っている重要な部位ですが、経年により劣化してしまうため、点検や修理が欠かせません。
定期的な点検をして、早めにメンテナンスをすることで、屋根を長持ちさせたり、雨漏りのリスクを抑えることができます。
ですが、世の中には悪徳業者もおり、屋根工事でトラブルになるケースが多くあります。
訪問販売業者に「今すぐ工事をしないと大変なことになる」などと不安をあおられて、必要のない屋根工事をしてしまうといったことにならないために、屋根工事のことを知っておくことが大切です。
そこで本日のコラムでは、山口市の方へ、屋根工事についてお伝えします。

屋根葺き替え

屋根材の撤去
ガルバリウム鋼板の屋根材を施工
屋根葺き替えは、既存の屋根を剥がして新しい屋根を葺く屋根工事です。
屋根工事の中で最も規模の大きい工事で高額になります。
屋根材の劣化が激しかったり、下地が傷んでいたり、雨漏りしている場合には屋根の葺き替えが必要になります。
いまある屋根を剥がすので、屋根材の下にある防水紙や野地板を修理することができます。
防水紙や野地板は屋根材の下にあるので点検やメンテナンスができません。
防水紙や野地板は屋根の重要な部位であり、劣化することで雨漏りしたり、屋根の耐久性が低下することを考えれば、屋根の下地を修理できることは大きなメリットといえます。
また、新しい屋根材に替えることで建物の耐震性を向上させることができます。
建物の耐震性は屋根の重さに影響されます。
屋根が重くなれば建物の重心が上がり、地震の時の揺れが大きくなり、建物にかかる負担も大きくなります。
そのため、既存の屋根材よりも軽量なものに葺き替えることで、耐震性が向上します。

屋根葺き替えの詳細はこちらをご覧ください
コロナで葺き替え後の屋根
施工内容・・・屋根葺き替え、雨樋交換
施工費用・・・240万~250万円
使用材料・・・屋根材/コロナ、防水紙/ルーフラミテクト

軽量な金属屋根材を使用したので、地震の際に建物にかかる負担を抑えることができます。

屋根カバー工法

ルーフィングの敷設
カバー工法
屋根カバー工法は、既存の屋根の上から新しく屋根をかぶせる屋根工事です。
屋根葺き替えのように既存の屋根を撤去しなくていいので、屋根の解体にかかる人件費や廃材処理費が必要なく、工事費用を節約できます。
屋根が2重になることから、断熱性や遮音性が向上します。
しかし、新しい屋根の分だけ総重量が増加するため、耐震性は低下します。
屋根の重量増加を抑えなければならないため、使用できる屋根材は金属屋根材やアスファルトシングルなどの軽量なものに限られます。
また、屋根の劣化が激しかったり、既存の屋根材が瓦の場合には、施工できません。
そのため、屋根カバー工法を施工できるか、事前の点検が必要です。

屋根カバー工法の詳細はこちらをご覧ください
屋根カバー工法でセネターを施工した屋根
施工内容・・・屋根カバー工法
施工費用・・・120万~130万円
使用材料・・・屋根材/セネター、防水紙/ルーフラミテクト

防水紙に使用したルーフラミテクトは、耐久性に優れており、長期間にわたり屋根を守ってくれます。

屋根塗装

スレート屋根の塗装
屋根の塗装
屋根塗装は、屋根表面の塗膜を新しく塗り替える屋根工事です。
屋根材の表面には塗料が塗られており、紫外線や雨水から屋根材を守っています。
時間が経つことで塗膜が剥がれてしまい、屋根材に直接、紫外線や雨水が当たるようになり劣化が進みます。
屋根塗装をして塗膜を新しくすることで防水性を回復させ、屋根を長持ちさせることができます。
美観と防水性の回復だけでなく、遮熱塗料を使用することで夏の暑さを軽減してくれエアコンの費用を節約できます。
屋根カバー工法や葺き替えよりも安価なため、定期的なメンテナンスとしておすすめです。
屋根塗装をしても雨漏りが直るわけではないため、すでに雨漏りしている場合には屋根カバー工法や葺き替えなどの屋根工事をする必要があります。

屋根塗装の詳細はこちらをご覧ください
窯業系サイディングの外壁の建物
施工内容・・・屋根塗装、外壁塗装
施工費用・・・180万~190万円
使用材料・・・塗料/フッ素樹脂塗料

外壁塗装を一緒に行ったことで、建物の印象がガラリと変わりました。

漆喰工事

棟巻き替えで棟瓦の撤去
棟巻き替え(棟瓦取り直し)
漆喰工事は、瓦屋根の棟瓦の固定に使用されている漆喰をなおす屋根工事です。
漆喰が劣化すると瓦を固定する力が弱くなり、瓦がずれたり、漆喰の剥がれた箇所から雨水が浸入してしまいます。
漆喰の劣化が軽微であれば「漆喰の詰め直し」、漆喰の劣化が激しければ「棟瓦の取り直し」を行います。
漆喰の詰め直し・・・劣化している漆喰を剥がして、新しく漆喰を詰める工事です。
棟瓦の取り直し・・・棟瓦と漆喰を撤去して、新しい漆喰で棟瓦を積み直す工事です。
早い段階で漆喰の詰め直しをすることで、メンテナンスにかかる費用を抑えることができます。

漆喰工事の詳細はこちらをご覧ください
棟瓦の取り直し工事の施工後
施工内容・・・棟瓦の取り直し
施工費用・・・5万~10万円
使用材料・・・シルガード

瓦屋根専用の漆喰「シルガード」で棟の土台をつくり、棟瓦を積みました。

板金工事

スレート屋根の棟板金
スレート屋根の谷樋
板金工事は、屋根に使われている板金を撤去して、新しいものに交換する屋根工事です。
屋根の棟(頂上部分)や谷(屋根の面と面がぶつかって谷になっている箇所)は雨水が浸入しやすい箇所で、防水のために板金が取り付けられています。
経年により板金に錆が発生して穴が開いたり、変形すると隙間ができて雨水が浸入してしまいます。
また、棟板金を固定している釘が緩み、強風で剥がれたり飛散してしまう可能性があります。
そのため、新しい板金に交換する必要があります。

棟板金の詳細はこちらをご覧ください

谷樋(谷板金)の詳細はこちらをご覧ください
施工後の谷樋
施工内容・・・谷樋の交換
施工費用・・・10万~20万円
使用材料・・・ガルバリウム鋼板

谷樋には穴が開いており、板金だけでなく周辺の防水紙も新しいものに交換しました。

雨樋交換

雨樋
軒先の雨樋
雨樋交換は、古くなった雨樋を取り外して新しい雨樋を取り付ける屋根工事です。
雨樋が劣化して歪んだり、外れると、屋根から流れてきた雨水が直接、地上に落ちることになり雨音が大きくなったり、泥水がはねて外壁を汚してしまいます。
また、雨水が鼻隠しや軒天を伝って外壁に流れてしまい、汚れや劣化の原因になったり、外壁にクラック(ひび)がある場合には雨水が浸入する可能性があります。

雨樋交換の詳細はこちらをご覧ください
施工後の雨樋と鼻隠し
施工内容・・・雨樋の交換、鼻隠しなどの塗装
施工費用・・・40万~50万円

雨樋が歪んでおり、固定している金具は錆びていました。
軒樋の勾配が緩すぎたり急すぎると、雨水の排水がうまくいかなくなるので注意して取り付けます。

岩国市で雨樋交換の施工事例はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878