オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、屋根リフォームについて


山口県山口市で屋根のリフォームを検討されている方はこちらのコラムを参考にしていただければと思います。
住宅の屋根は日々、紫外線、雨、風から守ってくれる大事な役割があります。
ですが屋根材には必ずですが寿命があります。
寿命が来る前にリフォームしてあげることは大事です。
住宅に何か被害が出てから修理を依頼するのでは手遅れなことがほとんどなので、事前に屋根の耐用年数(寿命)を把握しておくことはとても大事なことなのです。

では、屋根リフォームについての工法や屋根材について紹介していきます。

屋根リフォームの工法について

屋根リフォームには様々な種類があります。
このコラムではこちらのリフォーム工法を紹介していきます。
1 カバー工法
2 葺き替え
3 屋根塗装
上記で紹介した3種類の屋根リフォーム内容を紹介していきます。
どの屋根リフォームが住宅の屋根に適しているのかを専門業者と相談して決めていきましょう。
専門業者さんが適切な工法で屋根リフォームをしてくれます。
before1
施工前のスレート屋根
こちらの経年劣化した既存の屋根をカバー工法を使い、リフォームしていきます。

そもそもカバー工法とは?
既存の屋根材に上から新し屋根を被せることをカバー工法といます。

スレート屋根、金属屋根などの平板の屋根の上からなら被せることが可能です。
vertical
after1
コロナで屋根カバー工法をした屋根
こちらがカバー工法を使いリフォームした屋根です。
カバー工法を使い屋根リフォームすることで経年劣化した屋根はとてもきれいになります。
では、カバー工法のメリット、デメリットについて紹介していきます。

メリット
1 リフォームし費用が安価
屋根リフォームの数ある中でも安価で屋根をリフォームすることができる。
既存の屋根の上に新しい屋根材を施工していく事で、劣化している屋根材の処分費用が不必要だからです。

2 工程について
既存の屋根の上に新し屋根材を施工するため、劣化した屋根材を取外しをする工程が必要ないため工程が屋根リフォームの中では短い工事です。

3 近隣への配慮について
住宅の屋根をリフォームする際には近隣への配慮が必要です。
劣化した屋根材を取外しするときには必ずホコリ、騒音が発生します。
カバー工法は屋根材の取外しが無いため、近隣にあまり迷惑をかけないで済みます。

4 断熱性、防音性能が向上する
既存の屋根の上から新し屋根材を使用して、新し屋根を施工していくため2重の屋根となるため断熱性、防音性が向上するのです。

デメリット
1 耐震性能について
カバー工法でリフォームを行うと住宅の屋根が重たくなるので耐震性に欠けてしまいます。
既存している屋根材の上から新し屋根をかぶせるからです。

2 下地材が腐敗している屋根には施工ができない
屋根材の下地が劣化、雨水などで腐敗している場合には、カバー工法を使い屋根リフォームができません。
下地が劣化、腐敗していると新し屋根材を固定することができないからです。

3 瓦屋根には、対応できることがほぼない
既存している屋根に金属屋根材を固定するのがカバー工法です。
瓦など、厚みのある屋根材の上に固定することが難しからです。
瓦は重量があるのでこの上からカバー工法を使いリフォームをすると重量が重すぎ、住宅の耐震性が欠けてしまうのでお勧めできないリフォーム工事です。
立平葺きで屋根材を葺く作業
立平葺きで屋根材を葺く作業
立平葺きで施工後の屋根
立平葺きとは、屋根のリフォーム工事の一つです。
立平葺きの屋根は、一つの板金だけで施工されています。
瓦棒屋根と立平葺きは見た目が似ていますが、瓦棒屋根は凸部分に木材の垂木を入れて施工していきます。
ですが、立平葺きのリフォーム工事は屋根の形にあらかじめ合わせた加工した板金を用意して、現場でそのまま張り付けていくリフォーム工事です。

メリット
1 工程が短い
屋根の形に合わせた金属板を工場で加工して現場に持ち運ぶため作業時間が短くなる。

2 金属板で軽量
金属板でできているため軽量なので、耐震性が向上する。

3 カバー工法ができる
カバー工法を使い屋根リフォームが施工可能なので、リフォームの際に多少ですが安価で済ますことができる。

4 メンテナンスがしやすい
凸部分に垂木という木材が使用されていないためメンテナンス行いやすい。

デメリット
1 断熱性が弱い
薄い金属板で加工されているので、どうしても断熱性に欠けてしまうのです。

2 複雑な屋根には加工があわない
加工した金属板を現場に持ち込むため、広い敷地が必要で加工済みの金属板が持ち込まれているのであまり複雑な屋根の形にリフォームには合わない工事です。

3 雨音が鳴り響く
薄い金属板なので、遮音性に欠けているのですが遮音性の塗料があるので、塗装することで雨の音を多少ですが軽減をすることができます。

耐久性がつ強い金属板についてのコラムです。
金属板ガルバリウム鋼板の詳細についてはこちら→次世代ガルバリウム鋼板「エスジーエル」とは?特徴とSGLの屋根材

葺き替えについての詳しい詳細はこちら→山口市の方へ、葺き替えについて
塗装後のカラーベスト屋根
屋根塗装をしてリフォームすることで様々な効果が出ます。

1 美観
長年リフォームしていない屋根は屋根材が劣化して見栄えが悪いです。
劣化した屋根材は、汚れているだけではなくカビ、コケが履いている可能性もあります。
屋根と塗装をして屋根をリフォームすることで住宅の見栄えは良くなります。

2 遮熱性
住宅の屋根というのは外壁より紫外線を浴びている箇所です。
日々、紫外線、雨の影響を受けることで塗装が剥がれてしまい遮熱性の機能が少しづつなくなります。
塗装して屋根リフォームしてあげることで遮熱性が正常に戻ります。

3 屋根材の保護
屋根の表面を塗装して保護してあげることで屋根材の劣化を防ぐことができます。
表面的な塗装なので雨漏りを防ぐことはできないです。
住宅の屋根には大事な役割があるのです。
屋根メンテナンス、リフォームをしないことで住宅内部に雨漏りして影響を与えることがあるので、屋根とはとても大事な部位といっても過言ではないでしょう。

山口県山口市で屋根リフォームを検討されている方は街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878