オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、屋根塗装について


住宅の屋根は日々、紫外線を浴び、悪天候の時には雨を受けたり様々な影響を受けている部分です。
このような自然災害から守ってくれる大事な役割を果たしてくれています。
屋根のメンテナンスを定期的に行えば、屋根を丈夫な状態で保つことができます。
屋根塗装、メンテナンスを怠れば屋根に不具合が生じ雨漏りの原因へとつながるでしょう。

山口県下松市で屋根塗装を検討されている方へ向けたコラムです。

屋根塗装の基礎知識について

住宅に屋根塗装、リフォームといった工事は耐久性の向上につながるとても大事な工事です。
専門業者と相談、最適な屋根塗装をしてもらうためにも、少しでも屋根塗装の知識を身につけておくことはとても大事なことなのです。
住宅の屋根は日々紫外線、雨風の影響を受けやすい箇所なので、最も劣化進行が速い箇所なのです。
なので、定期的に屋根塗装をして丈夫な状態を保つ必要性があるのです。
屋根塗装は、屋根に使用されている素材に合わせて塗装を行うので素材を把握しておきましょう。
コロニアル屋根
スレート屋根
塗装後のモニエル瓦
屋根塗装を行う前に、塗装ができる素材、適さない素材、必要がない素材なのかを把握しておくことが大事です。
基本的に屋根に使われている素材は、日本瓦、コロニアル、金属屋根、スレート、セメント瓦がほとんどの屋根材でしょう。

月日が経過してしまうとどうしても劣化してしまうため塗装が必要です。
劣化が目立つ屋根材には屋根塗装は必ず必要です。
コロニアル、金属屋根、スレート、セメント瓦こちらの屋根材は全て屋根塗装に適している素材だと言えます。

屋根塗装に適していない屋根材も存在しています。
すぐに劣化でサビが発生してしまう屋根材で点検やメンテナンスがどうしても困難なのです。
唯一例えるなら、トタン屋根です。
薄くて軽量なので使用しやすい屋根材なのですが耐久性に欠けている屋根材なのです。

屋根材の中には屋根塗装が必要ない素材も存在しています。
それは日本瓦という屋根材です。
日本瓦の耐久性は100年と言われているので屋根塗装を行う必要性がない屋根材なのです。

塗装後のカラーベスト屋根
住宅で塗装が必要な箇所といえば外壁と屋根です。
屋根は外壁と比較すると天候の影響を受けるため劣化の進行具合は早いです。
屋根塗装のメリットとは劣化を防止することなのです。
屋根塗装を定期的に行う事で屋根材の耐用年数を最大限に生かすことが可能なのです。
スレート屋根のカビや苔
劣化したセメント瓦屋根
セメント瓦屋根
各屋根材によって耐用年数というのは異なります。
耐用年数を把握しておくことで屋根塗装の時期がわかるのです。

1 スレート屋根 約10年~
2 金属屋根   約10年~
3 銅板屋根   約30年~
このくらいの耐用年数がありますが気候などで異なることがあるので要注意です。

屋根材が劣化し始めれば必ず劣化のサインというのが出てきます。
では、屋根材にどのような劣化のサインが出てくるのかを紹介してきます。

1 ひび割れ
2 カビ、コケが生えてきている
3 金属部分のサビ、腐食
4 屋根材が色あせしてきている
屋根材にこのような劣化症状が出てきている場合には屋根塗装をした方がいいです。
このような劣化症状が出てきているのに屋根塗装をせずに放置しておくことで、雨漏りの原因へとつながるので雨漏りする前に屋根塗装を依頼することをお勧めします。

詳しい雨漏り修理の詳細→下松市の方へ、雨漏り修理について

屋根塗装の工程について

屋根塗装の工程、期間について紹介していきます。
屋根塗装は雨が降っている日、雨が上がっても屋根が濡れている状態では塗装をすることができません。
もうすぐ梅雨の時期が来ますがこの時期での屋根塗装は工程通りになかなか進むことが難しいので梅雨が来る前の今の時期に屋根塗装を検討されるのもいいと思います。
足場を飛散防止用ネットで覆う作業
高圧洗浄
カラーベストのひび割れ
1 近隣への挨拶、塗装準備
近隣への方へ屋根塗装工事を行うお知らせと挨拶をします。
業者の方が近隣へのあいさつ回りをしてくれるので安心です。

2 足場の組み立て
足場の材料を運び入れ、足場を組み立てていきます。
屋根塗装を行うので近隣へ塗料、水が飛散しないように飛散防止シートで住宅を囲います。

3 高圧洗浄機で屋根の清掃
高圧洗浄機を使用して屋根の細かい汚れ、ホコリを落としていきます。
屋根塗装を行う前に必ず汚れを落とします。
古い汚れの上から塗装をしてしまうと新し塗装がすぐに剥がれてしまうのです。

4 下地処理
下地処理は何もなければすぐに終わりますが、劣化がひどい場合には数日かかることがあります。
屋根材が傷んでいる場合には屋根材の交換が必要なときがあります。
下地処理で塗装面をヤスリ、サンダーでサビを削るケレンという作業で下地をきれいに整えます。
窓の養生
スレート屋根の塗装
タスペーサー施工
5 養生
養生は塗料がついてはいけないところにビニールシートなどで覆うことで保護しておかなければいけないです。
屋根以外に塗料がついてしまうとトラブルの原因になるからです。

6 塗装
これだけの下準備を終えれば塗装に入っていきます。
屋根塗装は基本的に3回塗りが基本なのです。
下塗り、中塗り、上塗りこのように3回塗るのが屋根塗装の基本なのです。

屋根材だけではなく、雨樋、軒天、破風などの細かい部分の塗装が多い場合にはどうしても時間がかかります。
木材みたいに傷みやすい箇所に対しては、3回塗りではなく4回以上の塗装を行う事もあります。

7 縁切り
スレート屋根の場合ですが、屋根材同士が塗料でくっついてしい、このままのしておくと通気性が悪くなり水の流れも悪くなるので雨漏りの原因となる可能性が出てきます。
近年ではタスペーサーというものを塗装前に屋根材の隙間に入れ込んでいます。

8 点検と足場の解体
屋根塗装が終われば最後に塗り残し、ムラが無いのか点検し塗装の終わりです。
全ての点検が終われば足場の解体と後かたずけを屋根塗装の終了です。

屋根塗装について一連の説明はこれで終わりです。

下松市で屋根塗装を検討されている方は街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878