オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市の方へ、屋根塗装について


屋根は日々ダメージを受けており、徐々に劣化してしまいます。
築10年以上になると色褪せや汚れが目立って、見栄えも悪くなってしまいます。
屋根は雨から建物を守っている重要な部位なので、屋根塗装などのメンテナンスをすることが大切です。
本日のコラムでは、柳井市の方へ、屋根塗装の必要性や注意点、工程などをお伝えします。
塗装後の屋根
屋根塗装には2つの目的があります。
一つ目は「美観」です。
屋根は常に紫外線や風雨にさらされており、建物で最も過酷な環境にあります。
そのため、年月が経つにつれて色褪せたり、カビやコケが発生して美観を損ねてしまいます。
屋根塗装をすることで、外観をキレイにできます。

二つ目は「防水性の維持」です。
屋根材の表面には塗料が塗られており、この塗料の膜が紫外線や風雨から屋根材を保護しています。
塗膜が劣化すると屋根材に雨水が浸透するようになり、劣化が早くなります。
そのまま放置していると、雨漏りして天井のシミやカビの発生、柱や梁の腐食などにつながってしまいます。
屋根塗装をすることで防水性を維持し、屋根材の劣化を抑えることができます。
また、防水性の低下は美観と無関係ではなく、水はけが悪くなることで汚れが付着しやすくなってしまい、美観が悪くなります。

屋根塗装をすることで、美観と防水性を保持できます。
屋根の劣化を抑えることで建物を長持ちさせることができ、屋根葺き替えや屋根カバー工法などと比較して費用が安く、お手軽なメンテナンス方法なため、定期的に行うことをおすすめします。
タスペーサー施工
タスペーサーの設置後
スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)は屋根材と屋根材の重なり部分に、水分を排出するための隙間があります。
通常の雨であれば屋根材の下側に雨水が浸入することはありませんが、横殴りの雨であれば屋根材の下側に雨水が浸入してしまいます。
浸入した雨水は重なり部分の隙間から排出されます。
ですが、塗装すると、この隙間が塞がってしまい、雨水が排出されなくなります。
また、隙間が狭くなりすぎると、毛細管現象で雨水を屋根の内側に雨水を吸い上げてしまい、防水紙の劣化や雨漏りの原因になります。

この隙間を確保するために行うのが、「縁切り」という工程です。
縁切りには、カッターなどを用いて手作業で行う方法とタスペーサーというものを設置する方法の2つがあります。
・手作業
塗料を3回塗った後に、カッターなどで切れ込みをいれ隙間を確保します。
塗膜を傷つけてしまったり、作業時間がかかるというデメリットがあります。

・タスペーサー工法
下塗りの後に、屋根材の重なり部分にタスペーサーを設置して隙間を確保します。
塗膜を傷つけることがなく、手作業と比べて作業時間が短くてすみます。
そのため、タスペーサーによる縁切りが主流です。

スレート屋根の塗装が原因で雨漏りが起きたということにならないように、縁切りは必ず行わなければなりません。
高圧洗浄
1.高圧洗浄
高圧の水で洗浄して付着している汚れを落とし、屋根をキレイにします。
汚れが付着しているまま塗料を塗ると、塗料が剥がれる原因になります。
スレート屋根の下塗り
2.下塗り
屋根の状態や屋根材の種類にあわせて、下塗り用の塗料で下塗りをします。
下地と上塗り塗料の密着性を高めます。
スレート屋根の縁切り(タスペーサー設置)
3.タスペーサー設置
塗料が乾燥したら、屋根材一枚一枚にタスペーサーを設置していきます。
一般的な大きさの屋根で、二人がかりで約2~3時間で終わります。
屋根の塗装
4.中塗り・上塗り
上塗り塗料を2回塗ります。
屋根塗装は下塗り1回、上塗り2回の計3回塗りが基本です。
同じ塗料を2回塗ることでムラがなく、耐久性の高い塗膜になります。
屋根塗装後のスレート屋根
5.屋根塗装の完成
上塗りが終わると屋根塗装の完成です。
新しい塗膜が屋根を覆い、雨水や紫外線からしっかりと守ってくれます。
洗浄
屋根塗装、外壁塗装の施工事例です。
カラーベスト屋根で、経年劣化して塗膜が剥がれ、防水性が低下していました。
塗膜が剥がれないように、高圧洗浄で汚れやコケをしっかりと落としてから、塗装しました。

屋根は建物を雨水や太陽光から保護してくれる重要な部位ですが、月日が経つにつれて劣化して保護する力が弱くなってしまいます。
建物を長持ちさせるためにも屋根塗装によるメンテナンスを定期的に行いましょう。

柳井市で屋根塗装を検討されている方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878