オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市で苔の繫殖した化粧スレートの屋根カバー工事と外壁の重ね張り


工事のきっかけ

下松市にお住まいのお客様です。
近所で屋根の塗装工事をした時に挨拶をさせていただくと、築25年で長い間、メンテナンスをしておらず、屋根と外壁の状態を気にされていました。
そこで、お客様立会いのうえで無料点検をさせていただくと、かなり劣化が進んでおり、画像を見てもらいながら劣化状況を確認してもらいました。
屋根カバー工事と外壁カバー工事、ベランダ改修工事を任せていただくことになりました。

下松市 屋根カバー工事,その他の工事,足場 外壁カバー工事、ベランダ改修工事

ビフォーアフター

before
施工前のスレート屋根
horizontal
after
コロナで屋根カバー工法をした屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,その他の工事,足場
施工期間
約1ヶ月
使用材料
屋根材/コロナ ベランダ防水/FRP防水 外壁材/シャイニークォーツ
施工内容その他
外壁カバー工事、ベランダ改修工事
築年数
築25年
保証年数
10年
工事費用
410~430万円
建坪
ハウスメーカー

施工前の様子

コケの繁殖したスレート屋根
屋根は化粧スレートでした。
化粧スレートは、セメント質と繊維質を混ぜて、厚さ5mm程度の板状に成型した屋根材です。
セメント質は水を吸ってしまうので、表面を塗料で覆って防水性を確保しています。
経年で塗膜が劣化すると、雨水が屋根材に浸透するようになり、不具合を引き起こしてしまい、酷くなると雨漏りにつながります。

コケの繁殖したスレート屋根
屋根には全体的に苔が繁殖して茶色くなっていました。
長い間、メンテナンスをしていなかったことで防水性が低下したことが原因です。
防水性が低下すると、化粧スレート屋根の水切れが悪くなり、コケが発生します。
コケが水分を含んで、さらに屋根材の劣化を早めてしまうことになります。

屋根の劣化を促進させるコケ・カビはこちらをご覧ください
天窓(トップライト)
天窓(トップライト)の周辺にも、コケが繁殖していました。
屋根の無料点検をさせていただくと、天窓から雨漏りしていることが多いですが、お客様のお宅では雨漏りはしていませんでした。
天窓の寿命は25~30年程度と言われており、築25年ということから、今後、雨漏りのリスクが高くなるため、撤去することになりました。

天窓のリスク・メンテナンス方法はこちらをご覧ください
錆の発生した棟板金
屋根の面と面がぶつかる「棟」と呼ばれる部位には棟板金が施工されます。
棟板金には錆が発生しており、錆が酷くなると穴が開いて雨漏りの原因になります。
また、板金を固定している釘も浮いており、隙間から雨水が浸入したり、板金の剥がれや飛散の可能性があります。

棟板金の詳細はこちらをご覧ください

施工中の様子

仮設足場と部材運搬用のトラック
屋根と外壁の工事を始める前に、まずは足場を組み立てます。
足場は、工事の品質・仕上がりを良くするためと職人の安全のために必要なものです。
地上から部材を渡す役、上で組み立てる役と分担して作業を行います。
足場を飛散防止用ネットで覆う作業
高圧洗浄で汚れを落とすと、周囲に洗浄水が飛び散ってしまいます。
それを防ぐために、足場にメッシュシートをかけて養生をします。
職人の落下を防ぐ役割もあります。
屋根の洗浄
高圧洗浄で屋根と外壁に付着した汚れを落とします。
表面に付着した汚れを落とすことで、屋根材とその上に敷く防水紙(ルーフィング)をしっかりと密着させることができます。
洗浄後のカラーベスト
天窓の周辺に繁殖していたコケも完全に落として、キレイになりました。
すぐには防水紙を張れないので、しっかりと乾燥させます。
防水紙「ルーフラミテクト」
屋根防水の要である防水紙(ルーフィング)を敷設します。
今回使用した防水紙は、ルーフラミテクトです。
ルーフラミテクトは屋根材と接する面が粘着層になっているもので、ステープル(コの字型をした針)を使用しないので穴が開かず防水性に優れています。

防水紙(ルーフィング)の詳細はこちらをご覧ください
防水紙(ルーフィング)の敷設
水は上から下へ流れていくので、防水紙を下から敷いていき、重なる部分を上からかぶせていきます。
防水紙を上から敷いていくと、防水紙が重なっている箇所から雨水が浸入してしまいます。
ほんの少しでも隙間があると雨漏りの原因になってしまうので、防水紙の破れや剥がれがないか確認しながら敷設します。
屋根カバー工法で軒先スターターの取付け
屋根材も防水紙と同じように軒先から施工していきます。
軒先には、スターターを取り付けて雨水の浸入を防ぎます。
軒先に被せてステンレスビスで固定します。
軒先に施工した屋根材
軒先の屋根材は雨樋の中心に納まるように出幅を調整して取り付けます。
出幅の調整をしっかり行わないと、雨樋から雨水が溢れてしまうことになります。
軒先の屋根材を固定しているビスの頭が出てしまうので、コーキングで防水処理をしてから、専用のストーンチップを付着させ見栄えを良くします。
屋根カバー工法で施工しているコロナ
2段目以降の施工は、屋根材本体の鼻先部をビスで固定して、下の段の屋根材としっかりと固定します。
横の屋根材との継ぎ目が、上・下段で同一線上にならないようにずらしながら取り付けます。
ビスの留め忘れがないよう一枚一枚丁寧に施工していきます。
コロナで屋根カバー工法
新しい屋根材にはデクラ屋根システムの「コロナ」です。
ガルバリウム鋼板に天然石チップストーンを付け、焼付け加工しており、色褪せや塗り替えの必要がない優れた屋根材です。
屋根材1枚1枚をビスでしっかりと固定するため、風速約70m/s時の風圧に耐え、強風に非常に強い屋根材です。
棟包みを取り付ける前の棟部分
隅棟に棟包みを取り付けます。
隅棟部分は屋根材と屋根材の間に隙間があり、このままでは雨水が浸入してしまいます。
それを防ぐために取り付けられるのが、棟包みです。
棟用スペーサーとシールテープ
まずはシールテープを取り付けます。
シールテープがあることで、棟包みを固定するための下地となる棟用スペーサーと屋根材の間から雨水が浸入することを防いでくれます。
棟用スペーサーを専用のビスで取り付けます。
棟包みの施工
棟包みも下から上に向かって取り付けます。
棟用スペーサーの上に被せて、ビスを使って固定していきます。
ビスは横から留めて、ビス穴から雨水が浸入しないようにします。
ベランダの下地
ベランダからは雨漏りしており、下地の木材が腐食して、かなり傷んでいました。
そのため、ベランダは床面の防水工事ではなく、ベランダを撤去して、下地からつくりなおしていきます。
木材のベランダ下地
ベランダの床面に雨水が溜まると、劣化が進んでしまう原因になります。
雨水が溜まらないように、排水口に向かって少しだけ勾配を付け、床面の先端には段差を付けて雨水が流れやすくなります。
ベランダのFRP防水
ベランダの床面にFRP防水を施工しました。
FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂をガラス繊維などの補強材と組み合わせた防水です。
貯水槽やプールなどに使用されるほど防水性に優れており、最も防水性が高い防水方法です。

FRP防水の詳細はこちらをご覧ください
ベランダのFRP防水の排水口
まずは、床面と防水層の密着を良くするためにプライマーを塗布します。
その上から、ガラスマットの張り込みとポリエステル樹脂の塗布を2回行います。
さらに紫外線から保護するために、トップコートを塗ります。
立ち上がり部分(周囲の垂直部分)にも防水をしっかり施工しました。
ベランダフェンスの取り付け
ベランダ外周の壁にサイディングを張り、落下防止のためにフェンスを取り付けます。
フェンスは、風通しが悪くならないように縦格子のものを使用しました。
外壁に取り付けられた胴縁
外壁の重ね張りでは、まずは新しい外壁材を固定するための胴縁(どうぶち)を取り付けます。
腐食しないように防腐処理が施されています。
外壁材を固定する役割だけでなく、既存の外壁材と新しい外壁材の間に通気層を確保する役割があり、内部結露を防ぎます。
外壁カバー工法の施工途中の外壁
金属サイディングを張る箇所に合わせて加工しながら、張ります。
使用した金属サイディングは、YKK APのシャイニークォーツです。
パッと見た感じでは、金属製という感じはしません。
金属製サイディングの見た目が好きじゃないという方もいると思いますが、現在ではたくさんのデザインがあります。

施工後の様子

屋根材コロナを施工後の屋根
屋根カバー工法が完了しました。
意匠性の高いコロナで屋根カバー工法を行ったので、見違えるほどキレイな屋根になりました。
今回、行った屋根カバー工法は、既存屋根の撤去をする必要なくリーズナブルに行える工法です。
ですが、屋根の傷みが激しいと葺き替えなければならなくなり、費用がかかります。
そのため、定期的な点検とメンテナンスをすることが大切です。

屋根カバー工事についてはこちらをご覧ください
コロナの棟包み
屋根材と同質の棟包みを取り付けたので、一体感のある仕上がりになりました。
屋根材は傷んでいないのに、棟板金だけが劣化してダメになったということもありません。
FRP防水のベランダ
立ち上がり部分まで、しっかりとFRP防水を施工したので、これでもう雨漏りの心配はありません。
施工後の金属サイディング外壁の外観
色褪せた外壁が、自然石の重厚感を備えた落ち着きのある外観に仕上がりました。
見栄えが良くなっただけでなく、金属サイディングを重ね張りしたことで、外壁が2重になり断熱性と遮音性が増しました。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事

経年劣化したスレート屋根
セネターを施工した屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築20年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
120~130万円

同じ地域の施工事例

施工事例

下松市で経年劣化したモニエル瓦屋根から雨漏りする前に屋根塗装

コケの繁殖したモニエル瓦屋根
塗装後のモニエル瓦
工事内容
屋根塗装
足場
使用素材
築年数
築21年
建坪
保証
5年
工事費用
80~90万円
施工事例

下松市の経年劣化したアパートの屋根と外壁の塗装工事

色褪せたスレート屋根
塗装してキレイになったスレート屋根
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
無機塗料
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
160~180万円
施工事例

下松市 工場のスレート(アスベスト含有)屋根をカバー工法で大波ガルバリウム鋼鈑に葺き替えました

傷んだ工場のスレート屋根
張り替えたガルバリウム屋根
工事内容
屋根カバー工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
足場
使用素材
ガルバリウム鋼鈑大波スレート
築年数
40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

防水シート(ルーフィング)の敷設

周南市でスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の屋根カバー工事をしているので、その様子を紹介します。今回、お伝えするのは防水シートを敷く作業です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878