オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ


工事のきっかけ

周南市にお住いのお客様より「屋根のメンテナンスを考えているから見積もりをお願いしたい」とお問い合わせをいただき調査にお伺いさせていただきました。
屋根にあがり調査をしたところ、屋根材の割れなどはありませんでしたが、塗膜は劣化していました。
屋根材の状態よりも気になったのが、軒が短いことでした。
屋根の軒は、建物を雨水から守る傘の役割をしており、軒が短いと雨漏りや建物を劣化させる原因になります。
屋根材の寿命と軒の短さを考えて、屋根カバー工法と軒を長くする工事を提案し、工事のご依頼をいただきました。

周南市 屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
horizontal
after
屋根カバー工法を行った屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
5日
使用材料
屋根/セネター
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
工事費用
230~240万円
建坪
ハウスメーカー
施工前のスレート屋根
周南市のお客様よりお問い合わせをいただき、まずは屋根の調査を行いました。
既存の屋根はスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)でした。
スレート屋根はセメント質に繊維質を混ぜて板状に成型した屋根材です。
そのままだと防水性がないので、表面に塗装が施されています。
塗膜は紫外線や雨水によって徐々に劣化していくため、塗装などの定期的なメンテナンスが欠かせません。

スレート屋根の塗膜の剥がれ
スレート屋根の塗膜の剥がれ
部分的に塗膜が剥がれていました。
塗膜が剥がれている箇所は雨水が浸透していき、屋根材自体の耐久性を下げ割れやすくなり、寿命が短くなります。
そのため、メンテナンスが必要な状況でした。

環境やメンテナンスの頻度によって耐用年数が異なりますが、スレート屋根の耐用年数は30年程度と言われています。
お客様のお家は築30年程度であったため、屋根材の寿命を考えて、屋根カバー工法によるリフォームを提案しました。
軒先の短い屋根
軒先の短い屋根
屋根材の状態以外にも気になったのが、屋根の軒先の短さです。
軒先が短いと、外壁に雨水が直接かかりやすくなります。
建材にとって水分は大敵なので、雨水が当たると外壁が汚れやすくなったり、傷みやすくなり、外壁のクラック(ひび割れ)やサッシ廻りから雨水が浸入してしまいます。
雨漏りのリスクが高くなるため、軒先を長くする工事も提案しました。

足場の架設
まず、足場を組み立てます。
屋根工事は高所での作業になるため、作業員が落下してケガをしないように足場が必要になります。
また、作業効率も向上します。
一日かけて足場を組み、養生用のメッシュシートをかけて、足場の架設の完成です。

軒の下地の延長
軒天を張る作業
軒先を長くするために、ケラバ側の屋根材を撤去し、屋根の下地を伸ばします。
伸ばした屋根下地に屋根材を固定するための野地板を張ります。
屋根下地が見えたままだと見栄えが悪く、雨水が当たり劣化を早めてしまうため、破風板や軒天を施工して保護します。


防水シート(ルーフィング)
防水シート(ルーフィング)
軒先の延長工事が終わったら、屋根カバー工法を施工していきます。
屋根カバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根を施工する工事です。
既存の屋根を新しい屋根の下地にするため、スレート屋根や金属屋根などの凹凸の少ない屋根材でないと施工が困難です。


ルーフィング(防水紙)を軒先から敷いていきます。
雨水は上から下に向かって流れてくるので、ルーフィングを上から敷いていくと、重なり部分からルーフィングの下側に雨水が入り込み雨漏りの原因になります。
ルーフィングはロール状になっており、転がしながら施工します。
裏面が粘着式になっており、ビスやタッカー(大型のホッチキス)を使用せずに固定できます。

ドーマーの周囲に板金を取り付け
別々の部材がぶつかる取り合い部分は、雨水の流れが遮られるため、建物において最も雨漏りしやすい箇所です。
そのため、雨水が滞留せずに、スムーズに排水されるように板金が施工されます。

今回の屋根カバー工法では、屋根とドーマーと呼ばれる屋根から突き出した窓との取り合い部分に板金を設置して、雨仕舞いを徹底しました。

屋根材セネターの施工
ドーマー周囲の屋根材の施工
新しい屋根材に使用したのは、ガルバリウム鋼板の表面に天然のストーンチップを施した「セネター」という屋根材です。
ガルバリウム鋼板なので耐久性に優れており、ストーンチップを施されていることで色褪せの心配がなく、長期にわたってメンテナンスフリーな屋根材です。
軒先から屋根材を一枚一枚ビスでしっかりと固定していきます。

屋根カバー工法を行った屋根
屋根カバー工法を行った屋根
仕上げに棟板金を取り付けたら、屋根カバー工法の完了です。
屋根カバー工法には断熱性や遮音性の向上といった効果もあり、快適に過ごしていただけます。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

下松市で苔の繫殖した化粧スレートの屋根カバー工事と外壁の重ね張り

施工前のスレート屋根
コロナで屋根カバー工法をした屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
足場
使用素材
屋根材/コロナ ベランダ防水/FRP防水 外壁材/シャイニークォーツ
築年数
築25年
建坪
保証
10年
工事費用
410~430万円

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円
施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

防水シート(ルーフィング)の敷設

周南市でスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の屋根カバー工事をしているので、その様子を紹介します。今回、お伝えするのは防水シートを敷く作業です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878