オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法


工事のきっかけ

周南市にお住いのN様より「近所で屋根工事をしていて、自分の家は大丈夫か心配になったので、点検してほしい」とお問い合わせをいただきました。
N様邸は築15年のスレート屋根になり、今までメンテナンスはしていないとのことでした。
梯子を使い、屋根に上がると色あせて黒く汚れていました。
調査の結果を伝え、築15年ということから、屋根塗装または屋根カバー工法によるメンテナンスを提案いたしました。
2つの工法についてメリット・デメリットを説明し、その結果、屋根カバー工法の工事のご依頼をいただきました。

周南市 屋根カバー工事,外壁塗装

ビフォーアフター

before
黒く汚れたスレート屋根
horizontal
after
セネターを施工後の屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,外壁塗装
施工期間
3週間
使用材料
屋根/セネター  外壁/無機塗料
施工内容その他
築年数
築15年
保証年数
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
建坪
ハウスメーカー
黒く汚れたスレート屋根
施工前の様子です。
既存の屋根はスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)でした。
スレート屋根は主成分がセメントなので防水性が低く、水分が浸透してしまい、劣化します。
そのため、表面に塗料を塗って保護しています。
塗膜は紫外線などで劣化してしまうと、屋根材を保護する力が弱くなり、雨水が浸透するようになってしまいます。
屋根塗装や屋根カバー工法といったメンテナンスが欠かせない屋根材です。
黒く汚れたスレート屋根
スレート屋根が色あせて、苔やカビが発生していました。
色褪せは塗膜が劣化しているサインで、防水性が低下すると水切れが悪くなり苔などが発生しやすくなります。
苔が雨水を含むことで水切れが悪くなり、劣化が早くなります。
このままですと、屋根材の欠けやひび割れなどが起き、雨漏りにつながってしまいますので、メンテナンスをした方が良い状況です。

サイディングの反り・浮き
雨漏りは屋根からだけでなく、外壁が原因で起きることもあります。
そのため、屋根を点検させていただく際には、外壁やベランダなど住宅全体を点検しています。
N様邸の外壁は窯業系サイディングと呼ばれるもので、屋根と同様に劣化が進んでおり、反り・浮きが見られました。
雨水の浸透と乾燥を繰り返したことが原因で、反り・浮きで生じた隙間から雨水が浸入して、雨漏りする可能性があります。
シーリングの亀裂・ひび割れ
目地のシーリングに亀裂・ひび割れがありました。
N様邸ではシーリングの奥までは亀裂が達していませんでしたが、このまま放置していると亀裂が大きくなり、雨漏りの原因になります。

外壁もメンテナンスが必要な状況でしたので、屋根と同時にメンテナンスさせていただくことになりました。

雨漏りの原因についてはこちらをご覧ください
仮設足場
屋根と外壁のメンテナンスで必要な足場を組みます。
高所で作業をするため落下によるケガの危険性があり、職人の安全のために必要です。
また、作業の効率を上げる役割もあります。
昇り降りしやすいように階段も設置されています。
メッシュシートをかけた仮設足場
足場を組み終わったら、塗料や洗浄水が飛び散るのを防ぐためにメッシュシートをかけます。
足場の組み立てからメッシュシートをかけるまでは1日かかります。
これで足場の組み立ては完了です。


スレート屋根の高圧洗浄
屋根や外壁に汚れが付着したままだと、塗料が剥がれるなどの不具合の原因になってしまうので、高圧洗浄で汚れを落とします。
高圧洗浄をしたスレート屋根
黒く汚れていた屋根の汚れが落ちてキレイになりました。
かなりの水圧なので屋根の劣化が激しい場合には、屋根材が破損してしまう可能性もあります。
そのため、破損しないよう水圧を調整しながら洗浄します。
シーリングの補修
シーリングの補修では、劣化したシーリングをすべて撤去して、新しいシーリング材を充填します。
画像は、シーリング材が剥がれないようにプライマーを塗っている様子です。
シーリングを奥までしっかりと充填して、雨漏りを防ぎます。
ダブルトーンで塗装中の外壁
外壁にローラーで塗料を塗ります。
サイディングを単色で塗りつぶすのではなく、凹凸を活かして2色で塗るダブルトーン仕上げという方法で塗装します。
耐用年数の長い無機塗料を使用しました。
防水シート(ルーフィング)の敷設
今回行った屋根カバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根をかぶせる工事です。
既存の屋根を剥がさなくていいので廃材処理費や人件費を抑えることができ、工事費用を節約できます。
屋根カバー工法では、まずルーフィングという防水性の高いシートを敷きます。

ルーフィング(防水紙)の詳細はこちらをご覧ください
ルーフィングの敷設
ルーフィングを敷くことで、屋根材の下に浸入した雨水が屋内に浸入するのを防いでくれます。
下から上に向かってルーフィングを重ねていくことで雨水の浸入を防ぎます。
敷設するルーフィングは、セーレン株式会社の「ルーフラミテクトZ」です。
ルーフラミテクトZは高い止水力が特徴で、長期間性能を維持してくれます。
屋根材の施工
ルーフィングの上から新しい屋根材を設置します。
新しい屋根材には、デクラ屋根システムの「セネター」です。
セネターは、耐久性の高いガルバリウム鋼板と天然のストーンチップを施しているため、色あせの心配や塗り替える必要がなく、長期にわたって屋根を守ってくれます。
30年の材料品質保証が付いています。
屋根材の施工
セネターは、台風や地震などの自然災害に強い屋根材でもあります。
独自のインターロック工法により、屋根材を1枚1枚ビスで連結し、しっかりと固定できるため、風速約70m/s時の風圧にも耐えることができます。
また、1㎡あたり約7kgと軽量なため、地震の時の建物の負担を軽減できます。
before1
施工前の外観
horizontal
after1
施工後の外観
セネターを施工後の屋根
セネターを施工後の屋根
棟板金を取り付けたら、屋根カバー工法の完了です。
棟板金は台風がきても飛散しないようステンレス製のビスでしっかりと固定しました。
屋根だけでなく外壁のメンテナンスも行い、雨漏りが起きる心配はありません。
また、台風や地震などの自然災害に強い屋根材「セネター」で施工したので、安心して過ごしていただけます。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

下松市で苔の繫殖した化粧スレートの屋根カバー工事と外壁の重ね張り

施工前のスレート屋根
コロナで屋根カバー工法をした屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
足場
使用素材
屋根材/コロナ ベランダ防水/FRP防水 外壁材/シャイニークォーツ
築年数
築25年
建坪
保証
10年
工事費用
410~430万円
施工事例

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事

経年劣化したスレート屋根
セネターを施工した屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築20年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
120~130万円

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円
施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万
施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

防水シート(ルーフィング)の敷設

周南市でスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の屋根カバー工事をしているので、その様子を紹介します。今回、お伝えするのは防水シートを敷く作業です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878