オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市でビル屋上のアスファルト防水の押えコンクリートを点検


下松市のビルの屋上を点検しました。
ビルや住宅の屋上には、傾斜がほとんどなく水はけが悪いので雨水が溜まりやすい構造をしています。
そのため、一般的な傾斜のある屋根と比べて雨漏りのリスクが高くなってしまいます。
雨漏りしないように定期的に防水の状態を確認して、メンテナンスをすることが大切です。
アスファルト防水の押えコンクリート
屋上やベランダ・バルコニーは、ウレタン防水やシート防水など規模や構造、形状によって防水の種類が異なります。
今回、点検した屋上には、アスファルト防水の上にコンクリートが打設されていました。
このコンクリートはアスファルト防水を保護するためのもので、押えコンクリートや保護コンクリートと呼ばれます。
押えコンクリートがあることで耐用年数が長くなり、防水層の上を歩くこともできます。

アスファルト防水の保護コンクリートについてはこちらをご覧ください
アスファルト防水の押えコンクリート
押えコンクリートにはひび割れを防止するために「伸縮目地」が入れられています。
この伸縮目地がひび割れていたり、剥がれている箇所がありました。
ここから雨水が浸入しますが、押えコンクリートの下には防水層があるので、すぐに雨漏りするというわけではありません。
ですが、このまま放置しておくことで防水層の劣化を進めてしまうので注意する必要があります
屋上の雑草、コケ
土や泥が溜まり、雑草やコケが生えていました。
コケが水分を含んだり、雨水の流れが悪くなって、防水層や押えコンクリートの劣化につながります。
ドレン(排水口)周辺や伸縮目地に繁殖している場合には、特に注意する必要があります。
屋上のフェンスのサビ
転落防止用のフェンスには錆が生じていました。
錆が生じると金属が脆くなり、腐食してしまいます。
そのため、錆をしっかりと落としてから、サビ止め塗料と仕上げ塗料を使って塗装する必要があります。

屋上のアスファルト防水の劣化状況を調査した結果、ウレタン塗膜防水によるメンテナンスを提案させていただきました。

ウレタン塗膜防水の詳細はこちらをご覧ください

同じ地域の施工事例

施工事例

下松市で経年劣化したモニエル瓦屋根から雨漏りする前に屋根塗装

コケの繁殖したモニエル瓦屋根
塗装後のモニエル瓦
工事内容
屋根塗装
足場
使用素材
築年数
築21年
建坪
保証
5年
工事費用
80~90万円
施工事例

下松市で苔の繫殖した化粧スレートの屋根カバー工事と外壁の重ね張り

施工前のスレート屋根
コロナで屋根カバー工法をした屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
足場
使用素材
屋根材/コロナ ベランダ防水/FRP防水 外壁材/シャイニークォーツ
築年数
築25年
建坪
保証
10年
工事費用
410~430万円
施工事例

下松市の経年劣化したアパートの屋根と外壁の塗装工事

色褪せたスレート屋根
塗装してキレイになったスレート屋根
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
無機塗料
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
160~180万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878