オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市の屋根葺き直しでルーフィングの敷設と瓦桟木の取り付け


本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根葺き直し工事でルーフィング(防水紙)の敷設と瓦桟木の様子を紹介します。
ブルーシートで雨養生をした瓦屋根
足場を組み立てた建物
屋根葺き直しは、既存の瓦を取り外して、ルーフィング(防水紙)や野地板を補修してから、取り外した瓦を再利用して屋根を葺き直す工事です。
屋根葺き替えとは既存の屋根材を再利用するかどうかが異なり、葺き替えでは新しい屋根材を使用するので見た目がガラリと変わったり、軽量な屋根材を使用することで地震の際に建物にかかる負担を減らすことができます。


既存の瓦を取り外すので普段お手入れが困難な野地板やルーフィングのお手入れができ、屋根の強度を上げることができます。
また、既存の屋根材を再利用するので、環境への負荷が低く、材料費を節約できます。
既存の屋根材がスレート(カラーベスト、コロニアル)やセメント瓦などの場合には、屋根葺き直しを施工できません。



ルーフィング(防水紙)の敷設
瓦桟木の取り付け
軒先から棟(屋根の頂上)にルーフィングを敷いていき、画像のように軒先側のルーフィングに棟側のルーフィングを重ねます。
そうすることで瓦の内側に浸入した雨水がルーフィングの内側に浸入するのを防ぎます。
屋根材だけでは雨を完全に防ぐことはできず、ルーフィングがなければ雨漏りが発生してしまうのです。
そのため、ルーフィングはとても重要な部位と言えます。
屋根全体をルーフィングで覆ったので、これで雨が降っても雨漏りすることはありません。


敷設したルーフィングの上に瓦桟木という細長い木材を取り付けます。
この瓦桟木は瓦を引っかけて、ビスで固定するために使われています。
古い建物であれば土を敷き詰めて、その上に瓦を葺いていましたが、屋根が重くなることで建物への負担が大きくなるため、現在では瓦桟木が使用されています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市にて雨漏りが起きた瓦屋根を葺き直しで屋根リフォーム

葺き直し前の瓦屋根
葺き直し後の瓦屋根
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ルーフィング/タディス ホワイト 漆喰材/モルロック
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて屋根葺き替えによる屋根工事で雨漏りのない安心な屋根へ

経年劣化したセメント瓦
防災瓦に葺き替えた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
約180~190万円
施工事例

周南市にて雨漏りが起きた瓦屋根を葺き直しで屋根リフォーム

葺き直し前の瓦屋根
葺き直し後の瓦屋根
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ルーフィング/タディス ホワイト 漆喰材/モルロック
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

周南市にて棟瓦取り直し(積み直し)で瓦が落下した屋根の雨漏り修理

棟瓦が落下した瓦屋根
棟瓦の取り直しの施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード(南蛮漆喰)
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦桟木を取り付けた屋根下地

本日のブログでは、周南市で行っている屋根葺き直し工事で平瓦と棟瓦の施工の様子をお伝えします。屋根葺き直しは、既存の瓦を一旦取り外して、野地板や防水紙を補修した後に瓦を再利用して屋根を葺き直す工事です。「これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替え...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878