オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市にて強風で棟瓦が崩れて雨漏りの危険がある瓦屋根を調査


本日の現場ブログでは、光市で行った屋根の調査の様子をお伝えします。
「屋根の一番上の瓦が強風で崩れたので修理の見積もりが欲しい」とのお問い合わせをいただき、調査に伺いました。
棟が崩れた瓦屋根
瓦屋根の棟瓦が崩れていました。
屋根の一番上は「棟(むね)」という部位で、棟に使われている瓦を「棟瓦(むねがわら)」と言います。
棟は屋根面と屋根面が交差する部分なため隙間ができ、雨漏りが起きやすい部位です。
このまま放置すると崩れた棟瓦で他の瓦が割れてしまったり、隙間から雨水が浸入して雨漏りが発生します。
そのため、早急にお手入れをする必要がある状態でした。
漆喰の剥がれ
棟瓦が固定している漆喰は全体的に剥がれて中にある土が見えていました。
今回、棟瓦が崩れた理由のひとつが、漆喰の剥がれです。
棟瓦は漆喰で固定されており、漆喰が劣化すると瓦を固定する力が弱くなり、瓦が動きやすくなります。
そうすると強風や地震で棟瓦が落下したり、崩れてしまいます。
棟瓦が崩れてしまう前に漆喰を補修することで、メンテナンス費用を抑えることができます。
瓦のズレ
瓦がズレている箇所もありました。
ズレている部分から雨水が浸入してしまい雨漏りの原因になったり、落下して割れてしまうことがあります。
雨漏りは屋根だけでなく、柱や梁、建物そのものにもダメージを与え、放置している時間が長いほど修理に大掛かりな屋根工事が必要になります。
瓦がズレているのを発見したら、早めに直しましょう。

棟瓦の崩れ
屋根全体を点検しましたが、他に不具合はありませんでした。
崩れている棟を修理する「棟瓦の取り直し」工事とズレている瓦を元に戻す工事を提案しました。

棟の崩れた瓦屋根
今回のように強風や雪、雹といった自然災害により建物に被害が出た場合には火災保険で修理できる可能性があります。
棟は屋根の頂上なので風の影響を受けやすく、台風の際には多くのお問い合わせがあります。
街の屋根屋さん周南店では火災保険を適用した屋根工事を数多く行っておりますので、屋根工事や火災保険について気になることや分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「火災保険が適用される屋根工事」はこちらをご覧ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

光市でベランダのウレタン防水工事とサイディングを張り替えました

ベランダ
ベランダ防水工事の施工後
工事内容
防水工事
その他塗装
その他の工事
足場
使用素材
ウレタン塗膜防水材/サラセーヌ
築年数
築21年
建坪
保証
5年
工事費用
40~50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ブルーシートをかけた棟

現地調査の時に、大棟から雨漏りしていたのでブルーシートを被せて、強風で飛ばされないようにしっかり土のうで固定しておきました。「大棟(おおむね)」とは、屋根の一番高い部分でのし瓦や冠瓦の積まれた水平の棟のことです。のし瓦のズレや漆喰の剥がれな...........

隅棟の解体作業

周南市で隅棟から雨漏りが発生した瓦屋根の隅棟取り直し工事を行いました。「隅棟(すみむね)」とは、屋根面と屋根面のつなぎ目の部分で、軒先の隅に向かって降りる棟のことです。まずは、今ある隅棟を解体していき、使える瓦の選別と土の撤去・処分をします...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878