周南市で波型スレート屋根の店舗の現地調査を行いました


店舗の外観
周南市にお住いのH様より「店舗の外壁と屋根の状態が気になっているので見てほしい」とご相談があり、現地調査に伺いました。
詳しく話を伺うと、H様が所有しており現在はテナント募集中らしく、10年以上点検もしておらず、一度状態を確認したいとのことでした。
それでは、現地調査の様子をお伝えしていきます。
カビの繁殖したモルタル外壁
建物の外壁は下側がモルタル外壁で上側がサイディング外壁でした。
モルタル外壁は広い範囲でカビが繁殖しており黒く汚れていました。
モルタルや窯業系サイディングのような水分や汚れが残りやすい外壁では発生しやすいです。
カビが繁殖しているということは塗膜が劣化して防水性が低下しているという証拠です。
塗装の際にバイオ洗浄をすることでキレイになります。

クラック(ひび割れ)の入ったモルタル外壁
かなり大きなクラック(ひび割れ)がありました。
クラックはモルタル外壁の宿命と言え、地震の揺れや外壁の乾燥による収縮などが原因で発生します。
幅が0.3mm未満のものはヘアクラックと呼ばれ、今すぐに悪影響を及ぼすものではないとされます。
ひび割れの幅が広く雨水が侵入し下地を劣化させるため、クラックの補修工事が必要な状況です。

波型スレート屋根
屋根は「波型スレート」でした。
波型スレート屋根は、工場や倉庫に多く使用され、一般住宅に使用されているスレート屋根と同様にセメントと繊維を成型して作られています。
波型スレート屋根は、丈夫で耐用年数も長いですが、それを過ぎると割れやすくなってしまいます。
屋根に上がったりするのは危険ですので絶対にやめてください。
割れている波型スレート屋根
ボルトの錆やスレートの割れが見られます。
波型スレート屋根は、スレートを固定しているボルトが錆びたり、ボルト廻りのシーリングが劣化して雨漏りすることが多いです。
ボルトの錆処理をしてシーリング処理をする必要があります。
波型スレート屋根
波型スレート屋根のメンテナンス方法は、「屋根塗装」、「カバー工法(重ね葺き)」、「葺き替え」の3つです。
屋根の状態を考えて「カバー工法」を提案させていただくことになりました。

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万
施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878