周南市で雨漏りしていた大棟の解体とのし瓦を積み、大棟の取り直し工事を行いました


ブルーシートをかけた棟
現地調査の時に、大棟から雨漏りしていたのでブルーシートを被せて、強風で飛ばされないようにしっかり土のうで固定しておきました。
「大棟(おおむね)」とは、屋根の一番高い部分でのし瓦や冠瓦の積まれた水平の棟のことです。
のし瓦のズレや漆喰の剥がれなどが原因で雨漏りすることがあり、雨漏りするリスクの高い部分です。
鬼瓦の漆喰の剥がれ
施行前は、鬼瓦がズレて漆喰が剥がれてしまい、内部の赤土が見えるくらいの隙間が開いていました。
「鬼瓦」は、棟の端に付けられる厄除けと装飾を目的とした板状の瓦の総称です。

雨水が侵入するだけでなく、鬼瓦の落下などで二次被害につながる恐れもあるため、早期の補修が必要な状態でした。
冠瓦を外した大棟
棟の補修工事には、「棟取り直し」と「漆喰詰め直し」の2つの方法があります。
「漆喰詰め直し」は、棟の崩れが軽微な場合に、傷んだ漆喰を取り除き、新しい漆喰を詰め直す工事です。
「棟取り直し」は、棟の崩れがひどい場合に、既存の棟瓦を取り外し、新しい漆喰で再び積み直す工事です。
今回の工事では、棟取り直し工事を行います。

2種類の棟工事の詳細はこちらをご覧ください
大棟の撤去
大棟を解体して、内部の漆喰と土を撤去していきます。
棟瓦の下には専用の土が盛られており、これが棟の土台になっています。
漆喰が剥がれてしますと、この土も劣化していき、棟瓦を支えられなくなります。
棟瓦の下の土は、雨水が侵入していたことで、湿ったままでした。
大棟を解体した屋根
棟瓦と土、漆喰を撤去したら、土台となる漆喰を積んでいきます。
漆喰の外側に棟瓦を真っすぐ積むための目安となる糸を張り、この糸に合わせて瓦を積んでいきます。
この時に棟瓦を固定する銅線を仕込んでおきます。
以前は土が詰められていましたが、今回はシリコンなどが混ぜられた南蛮漆喰を使用しました。
のし瓦の継ぎ目が交互になるように、ずらして積みます。
棟の取り直し工事
瓦を積み終えたら、のし瓦を積む際に仕込んでいた銅線で固定し、丸めて取りまとめます。
棟の取り直し工事では瓦の再利用が可能ですが、割れている瓦が多かったため新しい瓦を使用しました。
鬼瓦を元の位置に戻して、漆喰で固定します。
漆喰は、施工直後は柔らかいですが、時間をかけて硬化して瓦を固定します。
漆喰が乾いたら、大棟の取り直し工事が完了です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万
施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

隅棟の解体作業

周南市で隅棟から雨漏りが発生した瓦屋根の隅棟取り直し工事を行いました。「隅棟(すみむね)」とは、屋根面と屋根面のつなぎ目の部分で、軒先の隅に向かって降りる棟のことです。まずは、今ある隅棟を解体していき、使える瓦の選別と土の撤去・処分をします...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878