周南市にて瓦屋根の隅棟の取り直し工事を赤土を撤去してシルガードを使用し施工しました


隅棟の解体作業
周南市で隅棟から雨漏りが発生した瓦屋根の隅棟取り直し工事を行いました。
「隅棟(すみむね)」とは、屋根面と屋根面のつなぎ目の部分で、軒先の隅に向かって降りる棟のことです。

まずは、今ある隅棟を解体していき、使える瓦の選別と土の撤去・処分をします。
隅棟を崩していくと、中の土が雨水で湿って色が濃くなっていました。
土を触ると水分を含んでいるのがはっきりとわかりました。
シルガードで隅棟の土台作り
木で枠を作り、隅棟の土台をシルガードで作っていきます。
「シルガード」は、馬場商店より発売されている屋根瓦専用の南蛮漆喰で、通常の漆喰にシリコンなどが含まれており防水性や耐久性に優れています。
朝・晩は気温が下がるので、不凍液が入っているものを使用しました。

漆喰は多く塗ればいいというわけではなく、塗りすぎると棟瓦からはみ出して雨水が直接当たり、漆喰の劣化や雨漏りの原因になります。
そのため、専用のコテで漆喰の表面をならしていき、調整します。
隅棟の取り直し
土台ができたら、のし瓦を積んでいきます。
のし瓦とのし瓦の間にもシルガードを適量塗ります。
のし瓦はつなぎ目から雨水が入らないように、つなぎ目をずらしながら一枚一枚丁寧に積んでいきます。

段の数が多くなればなるほど、まっすぐ施工するのが難しくなり、職人の腕により仕上がりが変わってきます。
のし瓦を積み終わったら、その上に半円状の瓦「冠瓦」をのせます。
取り直し後の隅棟
地震などで隅棟が崩れないよう銅線で互いを縛って固定します。
銅線の余った部分は、小枝やビニール袋などが飛んできた時に引っかからないように丸めて処理します。

台になる漆喰の締まり具合を確認して、屋根の掃除をしたら隅棟の取り直し工事が完了です。

漆喰や棟瓦の補修工事についてはこちらをご覧ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万
施工事例

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました

漆喰の崩れた隅棟
取り直し後の隅棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
5~10万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ブルーシートをかけた棟

現地調査の時に、大棟から雨漏りしていたのでブルーシートを被せて、強風で飛ばされないようにしっかり土のうで固定しておきました。「大棟(おおむね)」とは、屋根の一番高い部分でのし瓦や冠瓦の積まれた水平の棟のことです。のし瓦のズレや漆喰の剥がれな...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878