オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で屋根リフォームを検討されている方へ


塗膜の剥がれたセメント瓦屋根
本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根リフォームの様子を紹介します。
今回は、築45年のセメント瓦屋根から雨漏りが起きたため、屋根葺き替えを取り入れた屋根リフォーム工事を行いました。

「雨漏りが発生して天井が剥がれているので見てほしい」というお客様からのお問い合わせを受け、まずは現状の確認をするために屋根調査を行いました。

「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください

屋根リフォームのプロによる無料点検

天井のシミ、剥がれ
雨漏りが起きたことで天井にシミや剥がれが見られる状況でした。
雨漏りが起きると、天井のシミや剥がれだけでなく、カビの発生、柱や梁などの木材の腐食などといった被害が発生します。
屋根の少しの不具合でも雨漏りは発生し、たった一枚の瓦が割れているだけでも雨漏りが発生する可能性があります。

「雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根屋さんへ」はこちらをご覧ください
塗膜が剥がれたセメント瓦
セメント瓦の塗膜が全体的に剥がれていました。
セメント瓦はセメントを使って成型した屋根瓦のことです。
粘土瓦と同じような形状をしており、粘土瓦よりも安価だったため1970~1990年にかけて広く普及しました。
全体的に塗膜の剥がれが酷く、屋根材の劣化が進んでいる状態でした。

外壁と屋根の取り合い板金
画像のような外壁と1階屋根の取り合い部分も雨漏りの原因になりやすい部位です。
雨水を適切に排水するために取り付けられている板金は部分的に錆が生じており、釘が緩んでいました。


築45年であり、屋根下地の劣化が進行していることから、屋根全体のリフォームが必要であると判断しました。
工事用車両
屋根リフォームでは、足場架設時や高圧洗浄機の騒音、高圧洗浄時の水・塗料の飛散、工事用車両の駐車など、近隣方へご迷惑をかけてしまいます。
そのため、屋根リフォームの前には近隣の方々にご挨拶をいたします。

屋根リフォーム工事開始

いよいよ、屋根リフォーム工事の着工です。
足場架設
屋根リフォームは高所での作業になります。
2階建て住宅の屋根は6~7mの高さがありますので、作業員の落下防止、材料の荷揚げ、屋根リフォーム工事の効率の向上、などといった理由から足場を組み立てます。

現場にはトラックで足場材を搬入して、作業を行います。
足場架設
建物の周囲を金属製の足場で囲みます。
昇り降りしやすいように階段も設置されています。
足場の組み立ては3人がかりで、1日で組めます。

足場の仮設にはかなりの費用がかかります。
そのため、一度の足場で工事をまとめて行うことをおすすめします。


これで、屋根リフォームを開始する準備ができました。
屋根材の撤去
屋根リフォームを開始します。
今回、行う屋根リフォームは、セメント瓦屋根を撤去して新しい屋根を葺く「屋根葺き替え」です。

屋根葺き替えは、屋根リフォームの中で最も大掛かりな工事で費用と時間がかかりますが、屋根の下地をメンテナンスできるため屋根の耐久性を上げることができるというメリットがあります。
また、塗装では対応できないほど劣化した屋根でも施工が可能です。
屋根材の撤去
屋根には傾斜があるため、取り外した瓦が屋根から滑り落ちないようにまとめておきます。

セメント瓦の下にあるルーフィング(防水紙)がかなり劣化しており穴が開いている箇所もありました。

野地板の増し張り
屋根リフォームの次の工程は、野地板の増し張りです。
野地板はルーフィング(防水紙)や屋根材の土台となっている部位です。
屋根の構造を支えている部分なため、経年や雨漏りで野地板が傷むと屋根の耐久性が低下してしまいます。
野地板は屋根材の下にあるため、通常時に点検・メンテナンスをすることができず、屋根葺き替えによる屋根リフォームの時にしかお手入れができません。

野地板の増し張り
既存の野地板の上に新しい野地板を増し張りします。
既存の野地板の傷みが激しい場合には増し張りではなく、既存の野地板を撤去して張り替えます。
屋根の寸法に合わせて現場で加工しながら隙間ができないように上から釘で固定していきます。
ルーフィング(防水紙)の敷設
増し張りした野地板の上にルーフィング(防水紙)を敷いていきます。
ルーフィングは、屋根材と野地板の間に敷く防水性の高いシートのことです。
通常の雨であれば屋根材の内側に雨水が浸入することはありませんが、強風をともなう横殴りの雨の時には屋根材だけでは雨水を防げず屋根材の内側に雨水が浸入してしまいます。
屋根材の内側に浸入した雨水が建物内部に到達して雨漏りが発生しないよう防いでくれるのがルーフィングです。

ルーフィング(防水紙)の敷設
軒先から棟に向かって、幅1mのルーフィングを敷いていきます。
上下のルーフィングの重ね代を10cm以上とりながら敷いていき、上から流れてきた雨水が入らないようにします。
瓦桟木の設置
瓦桟木という瓦を引っかけて固定するための木材を設置していきます。
木材なので雨水で腐食しないよう腐食に強い杉や腐食しない樹脂製のものが使われます。
横方向に一定の間隔で設置します。
瓦屋根の施工
新しい屋根材は粘土瓦です。
粘土瓦は粘土を成型して高温で焼成した屋根材で、色あせがしにくく、最も耐久性の高い屋根材です。
他の屋根材と比べて初期費用は高いですが、耐用年数が長く、塗り替えによるメンテナンスが必要ないことからランニングコストに優れています。
荷揚げした瓦を一枚一枚、釘で固定しながら施工していきます。

「各種屋根材の耐久性ランキング」はこちらをご覧ください
棟瓦の施工
瓦を施工してから棟を施工するまでの間に雨漏りしないようかけていたブルーシートを外して、棟瓦を施工します。
漆喰で棟の土台をつくり、棟瓦を積んでいき、銅線で固定します。

屋根リフォーム完了

葺き替え後の瓦屋根
屋根葺き替えによる屋根リフォームが完了しました。

屋根リフォームには今回おこなった屋根葺き替えだけでなく、屋根カバー工法や葺きなおし、屋根塗装といった方法があります。
それぞれの工法にメリット・デメリットがあり、どの方法が良いとは決められず、現在の屋根の状態や予算などによって、どの方法で屋根リフォームを行うかを判断することが大切です。
定期的に屋根の状態を点検して、必要があればメンテナンスを行うことで、屋根の寿命を延ばすことができます。
また、屋根の傷みが軽微な段階で塗り替えなどのメンテナンスを行えば、費用も節約できます。
そのため、定期的な点検とメンテナンスを行いましょう。

周南市で点検や屋根リフォームを検討されている方は、お気軽に「街の屋根屋さん周南店」までお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

防府市でダイワハウスの住宅のセメント瓦屋根を金属屋根に葺き替え

セメント瓦の屋根
コロナで葺き替え後の屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
屋根材/コロナ 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築22年
建坪
保証
10年
工事費用
240~250万円
施工事例

周南市でアスファルトシングル屋根の葺き替え工事を行いました

アスファルトシングル屋根
ガルバリウム鋼板の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用
220~240万円
施工事例

周南市にて瓦棒屋根にガルバリウム鋼板で葺き替え工事を行いました

劣化した瓦棒屋根
ガルバリウム鋼板の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
約200万円

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円
施工事例

周南市で築18年のお宅のカラーベストと窯業系サイディングの塗装を行いました。

jpg1-1
中村邸アフター
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
足場
使用素材
フッ素4F
築年数
築18年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の軒先の水切り

防府市で行っている屋根葺き替え工事の紹介です。前回の現場ブログでお伝えした「野地板の増し張りと防水紙の敷設」の様子はこちらをご覧ください本日の現場ブログでは、屋根材を施工する様子をお伝えします。

野地板の増し張り

防府市で行っている屋根葺き替え工事の紹介です。屋根材の撤去(前回の工事の様子)はこちらをご覧ください本日の現場ブログでは、野地板の増し張りと防水シートの敷設の様子をお伝えします。

カラーベスト・コロニアル

平生町のお客様より、屋根の状態を見て欲しいと連絡があり現地調査へ伺いました。屋根材はカラーベスト・コロニアルでした。話を伺ってみますと、訪問販売の方から屋根の塗装を勧められたのことで、この状態で塗装によるメンテナンスは可能なのか不安になり屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878