オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、雨漏り修理について


このコラムでは、山口県山口市にお住いの方へ向けた雨漏りの原因、雨漏り修理について紹介していきます。
2019_10_19_17_07_26_354_0_R
建物は日々の紫外線、雨風が当たることで少しづつ痛みだした建物は劣化していくものです。
建物の経年劣化は意外と進行しています。
どの建物もですが遠くから見るときれいに見えますが、実際近くから見ると意外と建物は傷んでいる場合が多く、経年劣化を放置しておくと様々な不具合が起きたり、いろんな箇所から雨水が建物内部に侵入してしまい建物全体に雨水が回り専門業者による雨漏り修理が必要となります。
新築の時はいいですが数年たてば建物も劣化してしまうので、専門業者に定期点検を依頼し雨漏りしていないか見てもらい、雨漏りしているときは雨漏り修理をしてもらい雨水から建物を守りましょう。
山口県山口市にお住いの方で、雨漏り、雨漏り修理にお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
チョーキング
建物の外壁を手で触ると上記の図みたいに粉末が付くことがあります、これは建物の外壁が劣化してきてるサインで塗料に含まれているものが粉末状になって出てきているもので、塗料は紫外線などの影響を受けて自然と痛み出すものです。
こちらの現象をチョーキングといいます。
チョーキング現象が起こる原因は、劣化か施工不良でおよそ5年から10年ほどたつと塗膜が劣化して粉化してしまうことでチョーキング現象がおこったり、業者による施工不良では外壁塗装を行った際にしっかりとした手順や工事工程などを間違ったやり方で作業することで、チョーキング現象の時期が早まることがあります。

チョーキング現象は外壁の寿命みたいなもので外壁を再塗装する必要性があります。
この現象を放置しておくことで雨漏りの原因を作り出す可能性があります。
チョーキング現象を起こしている外壁は、塗膜で保護されていないため外壁が雨水を吸収してしまう状態にあり、この状態が長期間続くことで外壁が乾くことができないのでカビ、コケの原因になります。
さらに放置しておくことで外壁が雨水を吸って少し乾いて雨水を吸ってを繰り返す行う事で外壁にヒビ割れが発生し、雨水が建物内部に侵入し雨漏りが発生してしまいます。

築浅ではない住宅は外壁、サシ、コーキングなどが傷んでないかをチェックし異常がある場合には雨漏り修理、補修をしてもらいましょう。
2019_10_13_12_47_28_204_20_R-columns3
2019_10_13_12_47_28_207_27_R-columns3
シーリングのひび割れ
破風板
破風板とは屋根と外壁の間にある山形になっている箇所です。
劣化していない破風板は住宅を守るために重要な役割を果たしてくれています。
破風板には、防風、防雨、防火の役割がありこの破風板が傷むと雨漏りの原因を作り出す可能性があります。

破風板が壊れる原因がいくつかあります。
破風板は日々、雨風、紫外線などの影響を受けやすい箇所で時がたつにつれ経年劣化してくると破風板の塗膜が剥がれたり、腐食などの不具合を起こし雨漏りしやすくなり、特に木製の破風板は金属製に比べると腐食しやすいです。

破風板は、台風や積雪によって破れることがあります。
経年劣化している破風板は台風の強風の影響を受けて落下する可能性があります。

住宅の屋根に積雪することで雪が落下するときに破風板が壊れることがあります。
山口県山口市は積雪する地域なので積雪した際には破風板が壊れていないかチェックが必要です。

破風板が壊れたまま放置しておくことで雨漏りが起こります。
破風板の剥がれや破損を放置しておくと、雨水が屋根の内部に侵入してしまいそこから雨漏りが起こり、気づかないうちに住宅内部が腐食してしまいます。

住宅にとって破風板は重要な箇所なので雨水が浸入しないように雨漏り修理は大事です。

山口県山口市にお住いの方で破風板からの雨漏り、雨漏り修理にお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
b01d15c9ca41c9dfdff57220c78c7151-columns3
破風板の腐食 軒天雨染み
板金サビ
留め金具が錆びた軒樋
住宅の屋根から落ちてくる雨水を下水に正常に流してくれているのが雨樋の役割です。
この雨樋、軒樋、竪樋、集水器が壊れてしまうと様々な不具合が起こります。
雨樋の破損、不具合を放置しておくことで雨漏りの危険性を高めてしまうことがあります。
雨が降ると屋根の先に取り付けられている雨樋で一旦受け止めて、集水器や樋を通って雨水を正常に流してくれますが、雨樋が破損やひび割れを起こしていると雨水が飛散してしまい、外壁に雨水がかかってしまうのでそこから雨漏りの原因になったりします。
雨樋が劣化してしまうと住宅の外観も悪くなってしまうため、雨樋に破損、不具合が無くてもメンテナンスが必要で雨樋を再塗装してあげることで、外観がきれいになります。
2019_10_15_15_48_01_699_1_R-columns3
軒天割れ
雨樋の破損
雨樋の破損、不具合とはどんなものなのか。

雨樋は、軒樋と呼ばれている屋根の先に取り付けられているものや、竪樋と呼ばれている雨水を下に落としてくれる筒状の物など、様々な建築材がつなぎ合わされていますが、この繋ぎ目の部分は他の箇所と比較すると負担がかかりやすい箇所なので特にヒビ割れや不具合起こりやすい箇所になっています。

雨樋である、軒樋、竪樋、集水器などの部分にゴミや落ち葉などが詰まってしまうと、雨水の流れを止めてしまうので雨水が溢れてしまい雨面氏の原因になります。

山口県山口市にお住いの方で雨樋からの雨漏りにお困りの方は街の屋根やさん周南店に雨漏り修理をお任せください。

最後に

雨漏り修理は大事な工事です。
ですが、雨漏りしてからの修理だと住宅内部に多大な影響を与えている可能性があります。
では、未然に雨漏りを防ぐことが必要なのですが、定期点検を行う事で雨漏りを事前に防ぐことが可能なのです。
雨漏りというのは、雨漏り箇所を特定することが大事なのです。
雨漏り箇所を特定することで雨漏り修理ができるのからです。
雨漏り箇所を特定できていないのに雨漏り修理することで2度3度の雨漏り修理が必要となるので不必要な費用が掛かってしまうので注意が必要です。

山口県山口市で雨漏り修理を検討されている方は、街の屋根屋さん周南にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878