オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、瓦修理について


屋根の漆喰
家の屋根の瓦の一部分にある白いものを漆喰といい、こちらを補修すのがおおまかにいうのであれば屋根修理や瓦修理といいますが細かく言うのであれば漆喰補修工事といいます。
漆喰の補修工事はおよそ10年に一度はしたほうがいいです。
瓦屋根にとって漆喰とはどのような役割を持っているのかを説明していきます。
漆喰は屋根の一部分の棟にある瓦の細かい隙間を埋めるような感じで塗られていて瓦を固定しずれるのを防ぐほかにも、瓦の隙間から入ってくる雨風を防ぐなど需要な役割を果たしてくれています。
山口県下松市にお住いの方で瓦修理(漆喰)にお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
漆喰
外観から漆喰の劣化は判断が可能です。
漆喰が劣化してくると、ひび割れが発生してしまい放置してくことで漆喰が剥がれ落ちてきます。
漆喰が剥がれ落ちてくると瓦の固定してある役割も弱くなり瓦全体にズレが発生してしまい、このような状態は屋根全体に隙間がある可能性があるため雨水が浸入して下地を腐敗をさせてしまい雨漏りを発生させる原因にもなりので屋根全体の瓦修理が必要となります。
漆喰
屋根の一部の漆喰が劣化してくると、このように瓦部分に漆喰の破損の一部で白いものが落ちてきます。
このような破片が屋根全体に落ちているようであれば瓦の隙間を埋めている漆喰が劣化してきているので葺き土が崩れ落ちてきていないか専門業者に依頼し点検してもらいましょう。
before1
瓦屋根の棟
瓦屋根はまずが劣化してきます。
屋根自体にさほど問題はないのですが、よくあるのが棟部分の漆喰の剥がれです。
瓦屋根はおよそ20年から30年ほどで棟部分が劣化してくると言われています。
漆喰の劣化がひどくないようであれば漆喰の塗り直しだけでいい場合もあります。
築年数が20年以上経過してくると漆喰が剥がれ落ちてきて奥にある葺き土が崩壊し雨漏りの原因などを作り出し屋根全体の瓦修理で葺きなおしという修理が必要となります。
vertical
after1
棟瓦の銅線
こちらの図は、屋根全体を瓦修理で葺きなおしを行ったものです。
屋根の葺きなおしとは、今ある屋根材をすべて撤去して下地の防水シート、瓦土、漆喰などを交換してから元の屋根材を葺く瓦修理になります。
屋根の葺き替えと違い瓦などの屋根材を再び使用するため、負担費用を抑えつつ劣化しやすい箇所を補修できるためとても便利な屋根の補修工事といえるでしょう。
日本瓦を屋根材に使用している場合は定期的な葺きなおしが必要とされていますが、それがなぜかというと日本瓦は寿命(耐用年数)が長くおよそ50年ほどといわれているのですが、瓦などを固定している銅線や漆喰、防水シートの寿命がおよそ20年ほどといわれているので日本瓦の寿命のおよそ半分しかないためです。
定期的に瓦修理をおこなうことで様々なことから家全体を守ることができます。
下松市には、瓦修理、工事、補修をしてくれるたくさんの専門業者さんがそんざいします。
何社かに無料で見積もりをして頂く事でおよその費用がわかるかと思います。
しかし費用が一番安い専門業者さんがいいとは限らないので注意してください。
それはなぜかというと安くてもせっかくリフォームしてすぐ不具合が起こってしまうとリフォームした意味が全くないからです。
大切な住宅の瓦修理、工事、補修ですから、やはり値段は気になるかもしれないですがそれよりも一番大事なことは信用できる専門業者さんを探すことが一番大事だと思います。

山口県下松市にお住いの方で屋根の瓦修理、工事、補修にお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878