オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、ポリカについて


ポリカ(ポリカーボネート)とは。
カーポート、テラスの屋根などによく使われている素材です。
ポリカの強度はアクリル板の20倍、ガラスの200倍あると言われておりガラスのような透明感があり強度が魅力です。
アクリル板は、紫外線に弱いですがポリカは透明度と強度を兼ねそえている素材なのです。
ポリカのこの強さは、弾力性によるものなので加工を行う際にも非常に割れにくく、製品化しやすい素材ですがあまりなじみのないものかもしれませんが、エクステリア以外にも使用されていてて皆さんの一番身近なもので例えるとスマートフォンのケースカバーに使用されています。
ポリカーボネートは耐久性に優れているため簡単に割れることがないので安心です。
IMG_3960_R
こちらのカーポートに使用されているのは、クリアタイプのポリカーボネートです。
透明性が高く、向こう側の景色がそのまま見えるくらい透明度は高いです。
エクステリアなどに使用されているのポリカーボネートは、紫外線の遮断率がほぼですが100パーセントに近いので、紫外線の心配がない素材なのです。
ポリカーボネート製のテラスの屋根を付けることで、紫外線をカットすることで冷房効率をよくしてくれるなどポリカーボネートはとても優れている素材なのです。
ポリカーボネートのカーポートを付けることで大切な車を雨から守ってくれるだけではなく、紫外線から車を守ることによって車のボディー、内装を劣化から守ってくれています。
ポリカは、耐久性に優れている製品です。
5ae232f532242e25477715f3bddf3093-1-columns2
d771de9d31875a65e283075949cabac1-columns2
ポリカーボネートを使用しているカーポートも経年劣化することでボロボロになります。
カーポート、テラスの屋根が音が鳴ったりしませんか?
あの音はポリカーボネートが太陽からの紫外線を受けているので。収縮や膨れ上がったりすることでポリカーボネートを固定している部材とこすれたりすることで音が鳴ったりしているのです。

ポリカーボネートのひび割れの修理について。
小さな穴や、ひび割れなどはDIYで自分で修理、補修できます。

1 破損している箇所をカットしていく
ひびが入った箇所の外側を電動ドリルなどで丸くカットしていき、ひびが広がらないよにしていきます。

2 カットした箇所を雑巾で拭く
カットした箇所の水分などを、濡らした雑巾でふき取ります。

3 新しいポリカをカットしていく
新しいポリカを、先ほどカットした箇所より一回り位ですが、大きな円にカットしたものを2枚準備するのですが、なるべくですが古い物となるべく同じ色合いのものを選びましょう。

4 新しいポリカを接着していく
カットした2枚のポリカに瞬間接着剤を取付けていき、破損している箇所に上下から挟むように取付けて、固定されるまでしっかりと押さえたら作業終了です。
ここで一つ注意点があり、接着剤を満遍なく塗らないと切れ目ができてしまいそこから雨漏りします。

山口県周南市にお住いの方でカーポート、テラス屋根のポリカの修理でお困りの方は町に屋根やさん周南店にお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878